MENU

足が毛深い女性こそ知っておきたい!正しいムダ毛処理方法

<足が毛深い女性は正しいムダ毛処理知識を身に付けるべし!>

自分の足のムダ毛がもっと薄い体質だったらな〜…と考える女性は少なくありません。足が毛深い女性はムダ毛のないきれいな足に想いを馳せる事もめずらしくはないのです。毛深くなければ足を出すような服装でも恥ずかしくないですし、何より少し処理に気を抜いてしまったとしてもあまり目立たないからです。

ただでさえ毛深いのに足に太い毛が生えてしまう体質で、処理を怠るとたちまちボーボーになってしまう人や、体の至る所全体的に剛毛な女子はいつもムダ毛のせいで頭を抱えている事でしょう。

その中でも足が毛深い女性は、露出しがちな場所である足の脱毛を持て余している事も多いです。自己処理をしても数日後にはチクチクと新しい毛が再生してきますし、剃っても昔より毛穴がキレイにならなかったり、果てはカミソリ負けしたくないからと家庭用脱毛機に手を出してみたものの、今度は埋没毛が出来てしまったなど、足が毛深い女性の悩みは尽きません。

そんなわけで、足が毛深い女性こそ正しいムダ毛処理方法や知識についておさえておかなければなりません。正しく脚のムダ毛処理を行わなければ肌にダメージを与えてしまったり、埋没毛の原因につながる事もあります。

<足のムダ毛処理…毛深い女性はやっぱり大変!処理方法も限られる>

女性の足のムダ毛処理の頻度は、年齢や毛深いかどうかなどで大きく違ってきます。ですが調査結果では週に1〜2回足のムダ毛処理を行っているという回答が約1/4を占めています。足のムダ毛はすぐに再生してチクチク出てきますので、これくらいの頻度でないと追いつかないと困っている女性が結構多いようです。

特に毛深い女性かつ剛毛な女性を見てみると、週に1、2回では駄目な人もいます。こういった人達は足のムダ毛処理をしてもすぐにムダ毛が再生され、エンドレスなムダ毛処理を強いられています。

足のムダ毛処理の方法で一番多いのはやはり手軽に広範囲を一気に処理出来るカミソリでの自己処理です。毛深いとすぐに毛が再生されてしまいますし、忙しい現代社会では足の毛の自己処理にそこまで時間をかけるわけにはいかない人も多いのでどうしても処理方法が限られてしまうのかもしれませんね。

<足の毛が毛深い女性は処理する頻度が高くなりがち!でも…>

足の毛が毛深い女性はムダ毛処理の頻度も高くなりがちです。脱毛サロンや医療脱毛とは違い、自己処理での脱毛はすぐに毛が再生されてしまうので処理を繰り返し続けるしかなく、しかもどれだけ気を付けていてもその度に肌にダメージを与えてしまう事になります。

ですがムダ毛の自己処理は、若いうちはまだダメージの修復力も活発ですが、歳を重ねるごとに徐々に回復力も弱まっていきます。しかも長年に渡って受け続けてきたダメージのせいで、徐々にお肌が汚くなってしまう事もあるのです。

また、若い頃と同じようにムダ毛処理をしていたら、昔から行っている方法なのに最近なぜか仕上がりがきれいにいかなくなった、肌のトラブルが増えたというケースもよく見られます。

こうなってから脱毛サロンや医療脱毛で脱毛しようと思っても、その時点で既にお肌にダメージが残ってしまっていると、たとえサロンなどで脱毛したとしても自ら与えてしまったお肌のダメージはもとに戻らない事もあります。

それでも脱毛サロンや医療脱毛に行く事によって、それ以上のダメージを与えなくて済むのでまだ救いはありますが、長年にわたるムダ毛処理のせいで黒ずみや色素沈着を起こしたり、人に見せるのもはばかられるような状態になってしまうと、コンプレックスと化してしまい、脱毛サロンや医療脱毛に行く事すら躊躇してしまって八方ふさがりになってしまう事もあります。

毛深い女性が自己をする場合には、自己処理の頻度はなるべく少なくするに越した事はありません。日常生活を送る上でのムダ毛処理のタイミングを効率化する事で自己処理の頻度を少なくできるようにがんばってみましょう。

<足のムダ毛の自己処理の回数を抑えるコツとは?>

足のムダ毛の自己処理の回数を抑えるためにはどうすれば良いのでしょうか?足が毛深い人は剃ったとしてもすぐに生えてきてしまいますから、自己処理の回数をおさえたくてもなかなか難しいものがあります。

そのため、普段の服装では足が隠れる服装をするのが良いでしょう。おしゃれして出かけたり、彼氏とデートしたりする時のみ自己処理し、あとはできるだけ足の肌の露出がない服装をしておけば処理回数をかなり少なく出来ます。

ですが社会に出て働く人の場合、自分で着る服装を選べない事が多々あります。事務員などは会社の制服がスカートである可能性も高いですから、そういった場合は対処がむずかしいですよね?そんな時はムダ毛が生えるスピードを遅くし、生えてきた毛を細くする抑毛剤などが出回っていますので、それを使って毛が伸びるスピードを抑制するのが良いかもしれません。

足のムダ毛は広範囲なので、カミソリで剃る人が非常に多いです。しかしカミソリだと毛穴の中まできれいにならず、毛の断面が黒いポツポツになって残ってしまう事があります。これを好まない人が毛抜きで一本一本毛を抜いて処理するケースがあるのですが、これは毛穴を広げてしまう上に、肌へのダメージも実はカミソリ以上だと言われています。

毛根から抜く分毛が再生されて表面に出てくるまでのスピードも遅いですが、自己処理の頻度を減らす方法としては好ましいものではありません。

また、除毛クリームという手段もありますが、すぐに生えてくる上に広範囲の足のムダ毛に使用するとすぐに無くなってしまうのでコスパが非常に悪いです。

足のムダ毛が濃い人は毛の太さもそこそこある上に、日常生活でもどうしても足を出さなければならない事が多々あります。そのためどうしても自己処理する頻度が高くなってしまいますが、自己処理をしすぎるとお肌へのダメージは避けようがないですし、紫外線などにも晒されやすい場所です。長年の自己処理でお肌が汚くなってしまう事は充分に考えられますので、自己処理には手軽だというメリットがありますけどデメリットも大きいという事をしっかりと覚えておいてください。

これを踏まえた上で、足のムダ毛の処理方法で一番多く使われている手段であるカミソリでの自己処理について解説していこうと思います。肌への負担を少なくする処理方法も書いていくのでぜひチェックしてみてくださいね。

<お肌の負担を軽減する!?足のムダ毛処理方法について>

足のムダ毛処理の方法で一番多く使われている手法がカミソリでの自己処理です。家で気軽に出来て一気に短時間でムダ毛処理出来るので人気の方法です。ですが正しい剃り方と適切なケア方法を知らずにお肌を傷付けてしまったり、度々カミソリ負けを起こしてしまう人が大半なのです。

自己処理でのムダ毛処理は肌のダメージゼロで脱毛する事はほぼ不可能なので、できれば早めに脱毛サロンや医療脱毛をしてほしいところなのですが、脱毛に通えない何らかの事情がある場合には、せめて正しいムダ毛処理の方法をマスターし、適切にケアしていきましょう。

<足が毛深い女性のためのムダ毛処理に必要なもの>

足が毛深い女性が正しいムダ毛処理方法を実践していくためには、いくつか事前に準備しなければならないものがあります。ノープランでいきなりカミソリだけ用意してもお肌へのダメージを最小限にして足のムダ毛を処理する事はできません。

■用意するもの

・ムダ毛処理専用のシェービングフォームやシェービングジェル
・刃の切れ味が悪くなっていないカミソリ(月に1〜2回は替えた方が良い)
・ボディクリームや保湿クリーム、保湿ローションなど
・タオルを濡らしてレンジで温めた蒸しタオル
・冷水に浸したタオル(かゆみや赤みが出た場合)

お風呂に入る時に処理する場合には、湯船に浸かって毛穴を開いてからシェービングすれば良いので蒸しタオルは必要ありません。

石鹸で剃ればいいやとシェービングフォームなどを用意しないのは絶対NGです。

<足が毛深い女性の正しいカミソリでのムダ毛処理方法>

ムダ毛処理に必要なものを揃えたら、正しいムダ毛処理方法でカミソリで剃っていきましょう。

@蒸しタオルを処理する部分にあてるか、入浴して湯船に浸かり、毛穴を広げる

Aムダ毛処理用のシェービングフォームやジェルをケチらずにしっかり塗る

B毛の流れに沿って順剃りする

Cこの時点で剃り残しがあるようならば任意の角度で出来るだけ少ない回数でキレイに剃る

D毛やシェービングフォームを洗い流した後はできるだけ早く保湿クリームやボディクリームで保湿する

E赤身やかゆみが出たりしたら冷やしたタオルで冷やす

足が毛深い人や一本一本の毛が太い人の場合は、順剃りだけだとどうしてもきれいに剃ることが出来ないケースが多いです。そのため、毛穴から剃った後の毛の断面が黒いポツポツとして残ってしまう事があります。

そのため逆剃りや任意の角度からどうしても数回剃る事になってしまいますが、この際もできるだけ手数が少なくなるようにしましょう。

また、カミソリの角度次第では肌を傷つけやすくなってしまうので気を付けるようにし、カミソリの力加減にも注意するようにしておきます。入浴後やシェービングフォームを洗い流した後は、時間が経つにつれてお肌の水分も飛んで行ってしまいますので、水分を拭き取った後はなるべく早く保湿を行うようにしましょう。

服を着てから、髪の毛を乾かしてからなどではなく、何はともあれ保湿を最優先にするのが一番大事です。

<足が毛深い女性がムダ毛処理をする時の注意点>

・シェービングフォーム、保湿クリーム、カミソリなど、何事においてもケチらない

・石鹸ではなく専用のシェービングフォームやジェルを使う

・自分の肌に合った保湿クリームやシェービングフォーム、ジェル、ローションを発掘

・カミソリの刃は毎月1〜2回は替え、まだ剃れるからという理由で長々と使わない

・使った後のカミソリはしっかりと洗い、風呂場などの水場ではなく湿気が少ない所で保管する

・まずは順剃りから始め、必要に応じてできるだけ少ない回数で任意の角度から剃る

・保湿は水分を拭いたら即座に行う

保湿に使うローションやクリームは、顔と違ってしっかり保湿出来ているのかどうかが分かりづらい事があります。いくつか色んな保湿アイテムを利用してみて、一番具合が良いものを使用すると良いでしょう。

<毛深い女性はカミソリ以外ではどんな方法で足の毛を処理してる?>

女性が足のムダ毛を処理する方法としているのは、カミソリでの処理ばかりではありません。足のムダ毛処理には色々な方法がありますので、世の中の女性がどんな方法で処理しているのかを挙げてみたいと思います。

中にはおすすめできない方法もありますが、こんな方法もあるというのを知るためにチェックしてみてはいかがでしょうか?

<毛抜きで足の無駄毛を抜く>

毛抜きで足の無駄毛を抜くのは、カミソリ以上に肌に負担がかかる上に、面倒くさい・痛いなどのデメリットも多いですが、毛根も抜けるのでカミソリよりも毛が表面に生えてくるまでの時間が長いというメリットがあります。

毛抜きで処理をする時のコツとして、扱いやすく処理のスピードを上げられそうな毛抜きを探す事のほか、皮膚を手でおさえてたるみを無くし、毛の流れと同じ方向にひっぱって抜くのが良いでしょう。また、お風呂上りなどの体が温まって毛穴が開いている時の方が痛みが少ない人もいます。

毛抜きで抜いた後は毛穴を引き締めるために冷やした後に保湿ケアをしっかり行うのがおすすめです。

<少ない労力でムダ毛がしっかり抜けるおすすめの毛抜き>

毛抜きでおすすめなのは少ない労力でムダ毛をはさみやすい毛抜きです。

特に「ステンレス製最高級毛抜き」は、最高級と表現されている割には2000円以内で買える機能性抜群の毛抜きです。世の中には数千円する毛抜きが多く見られますが、この毛抜きは2000円以下なのにとても使いやすく、ムダ毛処理にもトゲ抜きにもかなりおすすめです。

<脱毛剤や除毛剤で足のムダ毛処理>

除毛剤はムダ毛がある部分にたっぷり塗りこんでふき取るタイプが主流です。足のすねなどはカミソリ負けすると非常にピリピリ痛いですし、カミソリ負けしている時にお風呂に入るとピリッと痛みを感じますが、これが嫌で除毛剤を使用する人も結構多いようです。

湯船から出たあとすぐに使えば毛穴に毛が残りにくくなりますので、使用するなら湯船に浸かった後かレンジで温めた蒸しタオルで毛穴を広げてからがおすすめです。

毛深い女性で普段カミソリで処理しているけれど、剃って一日もすればもうチクチクと生えてきてしまう人がいますが、このような人が頻繁にカミソリで処理をするとお肌に大きなダメージを与えてしまいます。

時々カミソリで処理する間に除毛剤・脱毛剤を間にはさめば、カミソリでの処理回数を減らす事が出来るのでそういった使い道もあります。除毛剤や脱毛剤にはかなり色々な種類がありますので、自分のお肌に合うものやお気に入りのものを見つけるようにしてみましょう。

<除毛剤・脱毛剤でおすすめは?>

除毛剤・脱毛剤でおすすめなのはエピ プレミアムクリームです。この除毛剤の大きなおすすめポイントは男女兼用という所です。男女兼用なので一緒に暮らしている男性と共に使う事が出来るのも大きいメリットですが、剛毛になりがちな男性にも効果があるという事は、剛毛女子にも大きい除毛効果が期待できるという事になります。

どの除毛剤が良いか迷ったら一度は候補に入れていただきたい除毛剤です。

価格自体も数回使えて3000円前後なので、肌を痛めずカミソリ負けせずに脱毛したい時にとっても便利です。

<脱毛ワックスでムダ毛処理!最近はデリケートゾーンに使える物も!>

脱毛ワックスは脱毛剤・除毛剤に比べて知名度も利用者もそこまで高くありません。それというのも昔はあまり良い商品が無かった上に、使用方法も除毛・脱毛剤に比べてめんどくさい商品が多かったのが原因です。

しかし最近は良い脱毛ワックスが開発されつつあり、海外以外でも日本での愛用者が増えてきているようです。慣れるまでは使い方が難しいと感じる人もいますが、肌へのダメージや負担が少ない上に、デリケートゾーンに使用できるものが出てきているのが人気がじわじわ上昇しつつある理由です。

<脱毛ワックスでデリケートゾーンに使用できるものって?>

脱毛ワックスにも無添加で安全性が高く、デリケートゾーンにも使用が可能なものとそうでないものがありますので注意が必要です。また、デリケートゾーンは基本的には脱毛サロンや医療脱毛での脱毛を推奨します。

ですがあくまでも自己処理にこだわるのであれば、足のムダ毛処理の他にも全身に使えるような無添加な脱毛ワックスが良いでしょう。おすすめはアンジェリカワックスです。

脱毛ワックスの多くはあたためて使わなければなりませんが、これが非常に面倒なわけです。しかし、アンジェリカワックスはあたためなくても使える脱毛ワックスなので余計な手間を省いて脱毛する事ができます。

また、安心の日本製の上に無添加の脱毛ワックスなのもポイントが高いです。

<ベリッと一気に!脱毛テープや除毛テープ>

これも毛抜き同様あまりおすすめ出来ない方法ですが、カミソリで剃るとどうしてもカミソリ負けしてしまう体質の人や、毛抜きでちまちまは性に合わないけど毛根から毛を抜きたいという人に好まれているのが脱毛テープ(除毛テープ)での脱毛方法です。

ですが脱毛テープはうぶ毛処理にはてきめんですが、毛深い女性かつ剛毛な太い毛にはあまり向かないムダ毛処理方法です。一回脱毛テープや除毛テープでビッとやった位では、どうしても抜け切れない毛が残ってしまうので結局後から残った毛を始末する事になる場合も多いです。

また、毛抜き同様にお肌へのダメージが意外と大きいので要注意な方法でもあります。

<おすすめの脱毛テープ(除毛テープ)>

脱毛テープ(除毛テープ)を日常的に使用する位なら別の方法で行った方が良いため、あまりこれといっておすすめできるものはありませんが、エピラット 脱毛テープなどが脱毛テープを使用している女性たちの間では人気が高いようで、好んで使われているそうです。

<足の毛の自己処理はどの方法も結局肌へのダメージが避けられない>

足の毛の自己処理は、どの方法も結局お肌へのダメージは避けがたいと言えます。どの方法でも失敗や肌への負担がかかってしまうリスクが非常に高いのです。

その上カミソリなどで剃るのはあまりお金がかからないように思えますが、結局できるだけお肌への負担がかからないように正しい方法で行おうとすればそれなりにお金がかかります。

逆にお金をかけずに自己流の脱毛方法を行っていればお肌に負担がかかります。この場合は年々お肌が汚くなっていってしまう事も多いので注意しなければなりません。

足や全身のムダ毛の自己処理は、長い目で見れば医療脱毛での永久脱毛よりもお金がかかる事もありますので、一生自分でムダ毛処理をするのはあまり効率の良い事とは言えません。しかも手間も時間もかかります。

毛抜きで一生懸命脱毛している人は、一生のうちのどれくらいをムダ毛処理に費やす事になるのかを一度計算してみると、計算した後にびっくりするかもしれませんね。

<女性の足のムダ毛処理方法は脱毛サロンや医療レーザーがおすすめ?>

女性の足のムダ毛処理方法を上記で色々と解説してきましたが、このサイトでは基本的に脱毛サロンや医療レーザーでの脱毛をおすすめしています。

毛深い女性はムダ毛の自己処理方法と共に、いざとなればこういう方法もあるという知識を知っておくと、長期的に(お金の)準備をしてから永久脱毛に挑むという選択肢もあります。ちなみにローンを組むのは非常にお金がもったいないのでやめましょう。いきなり貯金がガッツリ減る事はありませんが、ローンの支払い期間を長く設定してしまうと、生まれ変わってもう一度脱毛出来るレベルのお金を利息として支払う事になってしまいます。

自己処理はお肌が汚くなってしまったり、シミ・黒ずみ・色素沈着のもとになりますので、早い段階で準備して脱毛するのがおすすめですよ。

<自己処理の肌トラブルのリスクを捨てて脱毛サロンのメリットを享受>

長い目で見ると自己処理で足や他の部位のムダ毛処理を行うよりも、脱毛サロンや医療脱毛でムダ毛処理をした方が良いと思われます。

実際あなたの周辺でも脱毛サロンなどでムダ毛処理をした経験がある人がいる可能性が高いと思いますので、知り合いにそういう人がいたら効果などを聞いてみると良いでしょう。

医療脱毛だと永久脱毛が可能な上に、施術も脱毛サロンより短い期間で終わりますが、良い脱毛サロンで最新の技術を使用しているようなところを選べば、施術が終わってすぐに再び毛が生えてきてしまったといった事はかなり少ないようです。(管理人の妹も普通のエステでレーザー脱毛しましたが5年以上毛が生えてきていません。)

毛深い女性は足以外にもムダ毛が気になる箇所がいくつもあるケースが多いです。足だけでなく、腕や鼻の下など、処理しなければならない場所がたくさんあるのです。処理方法によっては埋没毛や黒い剃り痕が出る事もあり、なかなか満足のいく仕上がりにならない事も多々あります。

面倒な上に肌へのダメージや黒ずみ・色素沈着のリスクも高い自己処理をやめて、いずれは脱毛サロンや医療脱毛にシフトしていくのが良いでしょう。サロンには何回も通わなければなりませんが、一生体のムダ毛を処理する事に比べたらなんでもないハズです。

<脱毛サロンに通いたい!でも価格が高いんじゃないの?>

脱毛サロンは一昔前に強引な勧誘や高額なコースを組まされる事例が多発したため、未だに高額でうさんくさいイメージが根強く残っています。しかし最近ではライバル業者との価格競争や技術力の進歩のおかげで価格相場も安くなってきていますし、全身ではなく部分脱毛のコースなら更に安く施術してもらえるようになってきています。

それでも一見すると高いようにも思えますが、自己処理で脱毛するよりもトータルで見ると遥かにお得な値段で脱毛する事が出来るサロンもあるので一概に高いとも言えません。

足のムダ毛処理で見た場合の脱毛サロンと医療脱毛の価格相場について記載しておきますので、これを参考に良いサロンを探してみてください。ですが値段だけではなく、口コミをしっかりと確認しておいたり、どんな技術を採用しているのかを見極めてから決めるのがおすすめです。

<足が毛深い女性が足のムダ毛のために脱毛サロンに通った場合の相場>

足が毛深い女性が、足のムダ毛処理をしてもらうために脱毛サロンに通った場合の価格相場についてまとめてみます。

基本的に脱毛サロンにしても医療脱毛にしても数回通わなければなりません。また、一ヶ月以内に数回通ってムダ毛とおさらば!という事はあり得ないです。大抵は毛の生えるサイクルと共に、一年間に数回通う形となりますので覚えておくようにしてください。

脱毛サロンも昔ほど法規制のおかげでしつこい勧誘をされる事は無くなりましたが、それでも足の部分だけを脱毛してもらうはずだったのに、終わるころになったらしつこく別のコースを勧誘されたり、結局全身脱毛の契約をさせられてしまったという事がまだ未だに起きています。

毛深い女性でなお且つ他にも気になる部位があるのであれば、お金を貯めて準備をしてから全身脱毛をした方が非常に楽ちんですが、とりあえず足以外は別にいいと感じているようn人や、変にしつこく勧められたくない、いずれ全身やるにしても自分のお金のペースですすめたい!という人は多いと思います。

そこで今回は、しつこい勧誘をしてこないミュゼプラチナムの足脱毛の価格を紹介してみたいと思います。

■ミュゼプラチナムの足脱毛の価格

ミュゼプラチナムの足脱毛の価格は、回数が多いほど一回あたりの値段がお得になっています。

・ 4回 19200円
・ 6回 28800円
・ 8回 36480円
・ 10回 45600円
・ 12回 54720円

価格は上記のようになりますが、4回〜6回までは一回あたり4800円、8〜12回だと一回あたり4560円で施術してもらえるようです。

ミュゼプラチナムでは時々お得なキャンペーンなども行っているので要チェックですね。

剛毛だったり毛深い人は効果を感じ始めるまでに何回か通わなければなりませんが、12回でも54720円です。永久脱毛ではないとはいえ、高い脱毛効果を誇る脱毛サロンで施術してこのお値段ならば、毛深い事がコンプレックスになっている女性には良いのではないでしょうか?

ただ、ミュゼプラチナムにしても他の脱毛サロンにしても、最新の技術が使われていますが医療分野に関わる施術が出来ないため、永久脱毛ではないとされていますのでその点が要注意です。

しかし頻繁に剃っても剃っても生えてくる毛で悩まされ、それを自己処理する事に比べたら遥かに有意義と言えます。

<剛毛女子の最終手段!医療レーザー脱毛を一発キメて足の永久脱毛>

正確には医療脱毛も数回通うので一発キメてすぐ終了!…というわけにはいきませんが、永久脱毛が望める医療脱毛も、脱毛サロンの技術力の進歩と低価格の実現に引きずられて随分安くなってきています。

脱毛サロンに比べると価格が高いですが、医療脱毛ならば永久脱毛が可能なため、自己処理で肌を痛めるリスクとは完全にサヨナラ状態になります。入院していても介護施設に入っても一生ムダ毛のせいで恥ずかしい思いをしなくなるのです。

ムダ毛処理をしなくなるのでお肌の状態をきれいに保つ事が出来ますし、高い値段を払っても再び生えてくるリスクがかなり激減出来る高い効果がありますので、毛深い女性の場合は医療脱毛の方が良いかもしれません。

価格相場の参考として、人気が高く価格が安いアリシアクリニックの価格を記載しておきます。

◎ヒザ上+ヒザ下5回セットコース 月額3400円/24回(合計82500円)

他の医療レーザー脱毛に通った場合、6回ほどでコースになっている事が多いため、医療脱毛で24回も通う事になるケースは非常に稀です。月々3400円で足の脱毛が出来るのであれば、他の気になる部位に関しても施術を受けようかどうしようか考える余裕が出来ますよね。

最大でも二年間施術をしてもらえば永久脱毛が完了すると考えるとわくわくしませんか?

<足が毛深い悩みを持つ女性が知っておきたい情報のまとめ>

足が毛深い女性がぜひ知っておきたいムダ毛処理方法や注意点などを色々と書いてきましたが、結局最終手段は医療脱毛というところで落ち着いてしまいました。

あくまで自己処理で安く毛深い足の脱毛をしたいと思っていても、結局長い目で見たらお金が結構かかってしまうものなんですよね。しかも家庭用脱毛機で脱毛している人なら更にです。家庭用脱毛機一台購入する値段と脱毛サロンの値段を比べてみたらびっくりする人もいるかもしれないですよね。

自分で足のムダ毛処理をしばらく続けるのであれば、上の方で書いたように注意点やコツなどをよく守って行い、お肌へのダメージは最小限になるように心がけてくださいね。

特に、

・自己処理の回数を減らす
・ケアを怠らない
・カミソリで足のムダ毛を剃る場合は正しい方法で行う
・他のムダ毛処理も気を付けるべきポイントやデメリットをよく理解しておく
・年計画で貯金をして医療レーザー脱毛へGo!

上記の事をおさえておきましょう。

足のムダ毛がボーボーでも死にはしませんが、意外と毛深い毛を他人に見られてしまう場面は多いですし、足は女性の魅力の一つなのでいつもきれいな状態に保ちたいと考える人が多いです。

とりあえず何らかの理由で医療脱毛などを行う事が出来ない人も多いですから、その場合は自分の足のムダ毛の自己処理方法で間違ったやり方をしている部分が無いかを再確認してみましょう。それだけでもお肌へのダメージの軽減と、将来のお肌の状態の良し悪しに関わっていきます。