MENU

毛深い女性の悩みの一つ・顔の産毛!おすすめの顔のムダ毛処理方法

<顔の産毛が毛深い女性はムダ毛処理に必死!正しい方法を知ろう>

「顔の産毛が毛深いので、放置して何もしないと鼻の下にうっすらひげが生えたようになる…。」

「ちょっと気を抜くと眉毛がつながったように見えてしまう」

顔の産毛が毛深い女性はこのような悩みを持つ人が多いです。また、産毛とは言えないレベルの太い毛が一本チョロっと生えてきてしまう人など、顔の毛が毛深いと女性的に嫌な現象に悩まされる事が多々あります。

鼻の下に生えた産毛がヒゲ化したり、眉毛がつながる場合には顔のムダ毛処理はもはや必須ですが、この他の顔の産毛は剃った方が良いのかどうか気になっている人も多いかもしれません。

また、世の中の女性は顔のムダ毛処理をどんな方法で行っているのでしょうか?

今回は正しい顔の産毛処理方法や、顔脱毛のおすすめの方法について解説していきます。顔は女性が一番気にかける場所ですから、ぜひ正しいムダ毛処理の知識を身に着けてムダ毛処理するようにしましょう。

顔のムダ毛も正しい方法で行えば化粧のりが良くなる上に、肌を触った時の質感も良くなります。

<毛深い顔の産毛をカミソリでシェービングする女性は多いけど…>

毛深い顔の産毛をカミソリで自己処理している女性はとても多いです。ですが「カミソリで剃る」と、目には見えなくても確実に多かれ少なかれお肌を傷付けてしまう事につながっています。

特に乾燥しがちな冬場はムダ毛処理した後にいつものスキンケアをした位では充分な保湿にならず、あとから顔がピリピリしてしまう事もあります。

顔の産毛の正しいシェービング方法については、

NEVERまとめの『肌を傷付けずに顔のうぶ毛を処理する方法』が参考になるかと思われます。

https://matome.naver.jp/m/odai/2136055397954158501

大切な顔の皮膚がカミソリ負けしないようなコツなどが充実していますので、一度チェックしてみるのがおすすめです。

この他にも、カミソリの操り方などを知りたい場合にはYouTubeなどの動画を参考にしてみると色々と勉強になると思われます。

また、このサイトでも他の脱毛方法のページで正しいシェービングの仕方やコツについて書いてあるので、時間がある方は読んでみてください。

そして一度で正しい方法を覚えられなかったとしても、とりあえず保湿・カミソリの切れ味・専用のシェービングジェルやフォームを使う事だけは徹底しましょう。

<毛深い女性がムダ毛処理をする際の注意点>

一般的な正しい顔のムダ毛処理方法は、普通レベル〜ちょっと濃い位までの女性を対象とした方法が多いです。ムダ毛処理方法はそんなに多くの種類がありませんから、結局毛深い女性でもムダ毛と呼べるレベルですらない毛しか生えない女性であっても、使う道具や方法はほぼ同じです。

しかし毛深い女性はそうでない女性に比べてムダ毛処理の頻度が多い傾向にあります。カミソリでシェービングしてもすぐに毛が生えてきてしまうのです。そのため、ムダ毛が少ない女性たちに比べるときれいに剃れなかったり、剃ってもきれいな状態を保つのに非常に苦労したりします。

また、カミソリで剃る場合にはなるべく頻度を低くするために、抑毛効果のあるローションなどを使用したりして工夫していく必要があります。

カミソリで頻繁に顔を剃る事自体あまり好ましいものではありませんので、顔の毛が毛深い女性の方はより負担が少なく、きれいに脱毛できる方法を模索するように注意していかなければなりません。

<毛深い女性の顔脱毛!カミソリ以外でも色々な方法が!>

顔のムダ毛処理に関しては、頻度を語る以前の問題としてまったく行っていない人もいるのが実情です。わき毛などと違い、顔の産毛を剃るのが常識とされておらず、気になる人だけが剃るというのが今の日本のムダ毛文化です。

そのため、顔の産毛を剃るにしても、顔全体を剃る人もいれば、鼻の下などのヒゲのようになって見苦しくなってしまう部分や、眉毛がつながりそうな部分だけを剃る人もいます。顔の剃り方は人によって違いが大きいのです。

毛深い女性の場合、だいたい全身が毛深い事が多いため、顔の脱毛に関しても余儀なくされる事は多々あります。この場合、カミソリで自己処理する人もとても多いですが、顔にダメージを与えたくない人や、カミソリ負けで傷を付けてしまいたくない人などが、カミソリ以外でも試行錯誤しながら顔脱毛を行っています。

毛深くない人が顔の毛を剃る場合は化粧のりが良くなるからという理由が多いです。また、顔の産毛を剃ると顔の色が良くなるように見える事から好んで剃る人もいます。

それでは、世の中の女性たちはカミソリ以外でどんなうぶ毛処理方法を行っているのか、どんな悩みを持っているのかについて見ていきましょう。

<毛深い女性は顔のムダ毛処理にも苦戦している!?>

顔が毛深い女性の中には、顔の毛が多すぎる上にすぐに再生してしまうため、額のムダ毛が多い部分や眉毛の中間、鼻の下や顎の下など、気になる部分だけ毛を抜いたり剃ったりしている人が結構多いです。

頬などの比較的濃い色の毛が生えない部分については下手に剃るとせっかく摩擦で細くなった毛が再生されてまた太くなってしまうため、意外と放置している女性が見られます。

また、カミソリで剃っていた時期があったけど、結局顔を剃るとカミソリでピリピリしたり肌が傷ついたり、ブツブツなどの皮膚トラブルになるという事から、途中で顔の脱毛を諦めてしまった人もいます。

毛深い女性の多くが顔のムダ毛処理に苦戦しているのです。

<毛深い女性が行っているカミソリ以外の顔の脱毛方法とは?>

世の中の毛深い女性は顔の脱毛を可能にするために、色々な脱毛方法を模索しています。その結果最終的にどんな方法に落ち着くのかは人それぞれですが、正しい所におさまる人もいれば残念ながら間違った方法に落ち着いてしまうケースもあります。

こちらでは顔のうぶ毛やムダ毛を除去するために多くの女性が実際に行っている、カミソリ以外の顔の脱毛方法について挙げていきたいと思います。

<敏感肌専門!ハイパースキン脱毛>

顔のムダ毛やうぶ毛を脱毛する上で一番大切なのが顔の皮膚にダメージを与えないという事です。顔の皮膚はいくら紫外線対策をしていても紫外線を100%カット出来る事はほぼ不可能なので、カミソリなどでお肌を傷付けてしまった所に紫外線があたると、いずれシミやそばかすができてしまう事があります。

また、普段から化粧をしている場合には最も肌トラブルを避けたい部位でもあります。

ハイパースキン脱毛は敏感肌専門の脱毛サロンですが、これを実際に取り入れて施術しているのがDione(ディオーネ)です。肌を傷付けずに顔脱毛する事が出来ますし、毛が濃い女性や剛毛女子、そして毛についてコンプレックスを持っていたり悩みを持つ子供でも施術してもらえるそうです。

また、痛みがない脱毛方法を確立しているサロンでもあります。お肌への負担の少なさどころか、通っているとエステ同様の美肌効果まで得られるというのですから驚きです。通う頻度も3〜4週間に一度なので、忙しい人でもある程度時間をとる事が出来そうですし、何より月に1〜2回程度なら面倒くさくありませんよね。

ディオーネは痛くない顔脱毛という事でメディアで話題にもなっている脱毛サロンです。また、子供だけでなくアトピーやニキビ肌といった敏感肌の人でも施術が可能なので、とことんお肌にやさしいという特徴があるのでしょう。

しかもディオーネは全国展開している脱毛サロンなので、「こんなに良さげな脱毛サロンなのに近所にない…諦めるしかないのか…。」というガッカリパターンを軽減させています。

体験脱毛は3240円で出来るそうですよ。

毛深い女性でお肌が敏感肌の人や、痛いのが嫌な人がこぞって通うのがディオーネだそうです。

<美容院で顔剃りしてもらう方法>

店舗で顔剃りと言うと、どうしても男性が通う理容室などを思い浮かべてしまいがちです。実際美容院で顔剃りをしてもらっている人を見かけたことはあまり無いと言えます。

しかし美容院でも顔剃りやうなじのムダ毛処理をしてくれる所が割と多いと言われています。

自分で顔剃りをするとカミソリ負けしてしまうという人が、美容ポータルサイトやホットペーパービューティーなど、ネット検索で「うぶ毛処理 美容院」などで検索し、剃ってくれる所を見つけて処理してもらっているようです。

これなら自分で顔をシェービングするよりもお肌を傷付けてカミソリ負けする可能性は低くなりますよね。顔剃りをしてもらうために毎月通っている人もいるほどです。

ですが顔剃りのためにかかる費用は、一回1000円〜4000円程度となります。部位によっても異なりますが、脱毛サロンや医療脱毛の場合は一回5000円以下で出来てしまう所も最近では多くなっていますので、これを比較してみると脱毛サロンに軍配が上がりそうです。

また、顔剃りしてくれる美容院の店舗数よりも脱毛サロンの方が多そうです。


<顔のうぶ毛ローラーで顔の毛を一毛打尽!?>

顔のうぶ毛専用の脱毛ローラーが存在します。「うぶ毛エピローラー」や「うぶ毛すっきりツイーザー」などなどの商品名で販売されていますが、2000円程度の安い値段で入手できて、産毛を簡単に処理できるのでネット上の口コミサイトでもかなり人気があります。

構造的にはうぶ毛を絡め取って抜いていく方法となるため、顔の毛が濃い女性には人一倍痛いと感じる人もいるかもしれません。しかし面白いようにとれるので、この脱毛感にハマってしまう人も多いのだとか。

ただ、毛を抜くという行為はカミソリ以上にお肌に良くないとも言われていますので、使いすぎに要注意かもしれません。

<顔のうぶ毛がとれるパック>

顔のうぶ毛がとれるパックは、気になる毛穴の汚れや角質を取るというパック本来の目的にプラスして、顔のうぶ毛まで取ってしまおうというスタイルの顔用パックです。

人気の顔のうぶ毛パックを挙げてみると、ピカツル肌クリアパックやもちたま肌パックなどが女性たちの間で人気が高いようです。ですがこういったパックは塗って洗い流すタイプではなく、後から剥がすタイプなのでそこそこ痛いかもしれません。

毛穴汚れや角質ではなく、顔のうぶ毛だけで比較してみると、何度も使える顔のうぶ毛ローラーの方がコスパは良いかもしれませんね。

<脱毛サロンで顔脱毛する>

脱毛サロンは大手〜個人店舗まで日本中数多く存在しますが、しつこい勧誘をしない事で有名なミュゼプラチナムなどは、顔の毛が濃い事で悩む女性も脱毛のためによく利用しているサロンです。

この他にも脱毛ラボなど色々な大手脱毛サロンがありますが、最近は顔脱毛のみというよりは複数の部位が組み合わせられたコースなども人気があります。毛深い女性はムダ毛で悩んでいる箇所も多いので、脱毛サロンで施術してもらう事をきっかけに気になる部位のムダ毛をどんどん脱毛していくケースも多々あります。

価格はキャンペーンの有無や利用するサロン、そしてコースによっても違いが大きいですが、一回5000円前後〜1万円前後で施術してもらえます。

とはいえ、脱毛サロンで顔のうぶ毛の処理をしてもらう場合、処理がいらなくなるまでに数回通わなければなりません。何回くらい通う事になるのかは個人差があるため、カウンセリングを受けてみないとわかりませんが、無料カウンセリングがあると思うので気になる事を色々聞いてみると良いでしょう。

<医療レーザーでの顔脱毛>

医療レーザー脱毛は剛毛の女性や毛深い女性にかなりおすすめの脱毛方法です。美容外科での医療レーザー脱毛は永久脱毛が可能なので、毛深い女性や剛毛の女性には非常に効果が高いですが、その分脱毛サロンに比べて少々価格も高くなります。

医療レーザー脱毛は腕や足などの部位などに行う分には良いのですが、顔の脱毛だけを見た場合、他の部位よりも回数が多いので毛深い人は費用が高くついてしまいます。

顔の産毛処理をそこまでしなくても大丈夫な毛質の人や、太い毛が顔に生えてくる体質でない場合は数回で自己処理しなくてもよくなるレベルに脱毛が可能です。顔の毛が毛深い人の場合はそうでない人よりも回数は必要ですが、通うたびにどんどんムダ毛の数が減っていくのでモチベーションもアップします。

他の部位に比べてコスパが悪いですが、顔の産毛の状態が非常に気になっていてコンプレックスになっているようであれば永久脱毛が可能なので利用してみても良いかもしれませんね。

<顔が毛深い女性のムダ毛処理方法のおさらい>

このページでは顔が毛深い女性がムダ毛処理をする方法や、巷の女性たちが行っている顔脱毛の方法などについてお伝えしてきました。

顔のムダ毛処理方法は場所が場所なだけにどういう方法が一番適切なのかよくわからないといった声も聞こえてきます。ですが今回挙げた方法は世の中の多くの女性たちが行っているムダ毛処理方法です。

できれば最終的には脱毛サロンなどで顔のムダ毛を脱毛してしまう方が良いのですが、それが出来ない場合にはなるべく正しい方法でムダ毛処理を行い、顔の皮膚に負担がかからない方法を選択するようにしてください。

できればカミソリ以外で顔の皮膚に負担がかからない脱毛方法が良いですね。

長い人生を考慮し、長い目で見た時に、自分にとってなにが最適な方法なのかを一度考えてみるのがおすすめです。顔を脱毛すると化粧ののりが良くなったり、肌がワントーンアップしたりする事もあります。

しかし毛深い女子にとって問題なのは肌のトーンよりも、鼻の下のヒゲみたく見えてしまう毛やまゆげがつながってしまう事、そして額部分にムダ毛が多い事などです。これを毎回抜いたり剃ったりしなくても済むように脱毛していくのもお肌へのダメージを蓄積させないコツと言えます。