MENU

うなじが濃いのでヘアが決まらない!襟足の産毛処理とケア方法

<うなじが濃い場合は処理すべき?襟足のうぶ毛は個人差が大きい>

女性のうなじ(襟足)に色気を感じる男性は結構多いようです。特に浴衣や祭りの法被などを着ている時にはアップにする事が多いですが、このようなシチュエーションの時は普段着以上に襟足に目が行くものですよね。

鏡で見ないと自分のうなじがどのような状態になっているのかが確認できない上、鏡で見ながらでも自分一人でうなじの毛の処理をするのは苦戦するため、この部分のムダ毛処理をしている人は四苦八苦している人も多いのではないでしょうか?

きれいなうなじを持つ女性を見て、自分もこんなうなじだったらいいのに…とうなだれる女性も結構たくさんいるようですね。しかしそのきれいなうなじ、もしかしたらその女性も手入れをして自己処理しているのかもしれませんよ?

今回はうなじが濃い女性のために、うなじの産毛処理方法について書いていきたいと思います。

<うなじを処理した方が良い女性とそうでない女性の境目とは>

うなじの産毛に関しては、わき毛や足や腕の毛とは違い、全くのノーマークである女性も結構見かけます。日本国内のイメージでは、うなじの毛はあっても無くても特に問題ないし、自分も他人も生えていたからといってそこまで気にしないしドン引きもしないといった認識です。

ただ、「うなじはきれいな方が色気があって魅力的だよね」とはみなさん感じているようです。

しかし脱毛サロンのコース内容を見てみると、『うなじ(襟足)脱毛』というコースをよく見かけるため、一定以上の需要がある事は間違いないでしょう。

ところでうなじを処理した方が良い女性とそうでない女性の境目とは一体どこにあるのでしょうか?基本的には自分がうなじの産毛が気になればムダ毛として処理すれば良いと思うのですが、やはり境目として挙げるのであればきれいに見えるか見えないかが大きい決定打となります。

うなじがキレイに整ったように見える生え方をしている人もいれば、首の後ろを這うようにムダ毛と化している人もいます。毛深い人はうなじ部分も毛の生え方が汚くなってしまっている人が多く存在し、これもまた微妙な悩みの種になっている事も珍しくありません。

ワキやアンダーヘアや足、指の毛など、他の部位に比べるとコンプレックスとして重大な悩みになるケースは少ないですが、脱毛サロンや医療脱毛などで脱毛する際には一緒に脱毛してもらいたい部位の一つとしてさりげなくランクインしています。

汚いよりきれいな方が魅力がアップする、うしろ姿美人になれる、そういったイメージがうなじの毛にはあるようです。

<うなじの産毛を処理しておいた方が良い人とは?>

日頃からアップヘアをする人や、職業柄着物などを着る事が多い人、結婚式や成人式の前や背中の開いた服をよく着る人などはうなじの産毛処理を行っておいた方が見栄えも良くなります。

特に結婚式や成人式といった特別なイベント事を控えている人は、一番きれいな状態で写真におさまりたいですから、うなじも抜かりなく処理しておくといざという時に後悔しないかもしれませんね。

うなじが目立つ服装を日常的によくしている人はうなじを処理しておくと良いみたいです。

<うなじの産毛処理をするデメリット>

うなじはよほど生え散らかっているわけでないかぎり、本来処理してもしなくても好きにすれば良い程度の位置づけのムダ毛です。そのため、気にはなるけど見苦しいほどではないし、仕事でうなじが協調されるような着物などを着たり、常にアップヘアをしているような事がなければ処理しない方がリスクは少ないかもしれません。

うなじの産毛処理は鏡を見ながら自分で行う事もできますが、それでも処理しづらい場所なので失敗が多いのがデメリットなのです。

うなじの処理で利用されている方法で多いのがカミソリでの自己処理、脱色剤での脱色、除毛クリームでの自己処理です。ですがカミソリは傷を付けてしまったり、中途半端な剃り残しが出る可能性が高いです。脱色剤も脱色したくない部分まで脱色してしまう事がある上に、脱色しても結構目立つのでおすすめできる方法ではないです。

上記の方法の中では除毛クリームが一番現実的ですが、除毛クリームも望まない場所に誤ってクリームを付けてしまったりすれば大変ですし、肌荒れを起こした挙句に紫外線を浴びればお肌が汚くなり、きれいなうなじで色気アップどころの話では無くなってしまいます。

しかもうなじのムダ毛が再び生えかかってきても、自分では特に注意していないとなかなか気が付く事ができません。生えかけの毛でかえって見苦しい見た目になってしまう事もあるので注意が必要です。

<うなじの産毛処理の仕方と正しい処理方法>

うなじは丁寧な処理をしてくれる美容院に行くと剃ってくれる事があります。どちらかというと何人ものスタッフを抱えているチェーン店舗よりは、個人で店をこじんまりと開いている昔ながらの美容院の方が剃ってくれる確率は高いです。

カミソリの扱いに手馴れていて、しっかりとプロのテクニックを身に着けている美容師などに剃ってもらう人もいます。

また、三面鏡は自分の目が届かない所を映し出すのに適しているため、うなじの処理の際にも大活躍という事で、三面鏡を見ながらフェリエなどのシェーバーやカミソリで処理している人もいます。

この他にも抑毛ローションの『レ・アンジュ』で処理したり、脱毛サロンや医療脱毛で処理してもらっている女性もいたりします。

方法は色々ありますが、残念ながら自宅で自分一人で行えるうなじの産毛の処理方法の中に、リスクが低いものは存在しません。また、うなじの産毛が気になる女性は多いものの、自分でうなじの産毛を剃ったりして自己処理している女性というのは意外と少ないのかもしれません。それだけうなじの毛というのは処理が難しい部分なのです。

うなじの産毛処理に関しては自己処理によるデメリットが多いため、自己処理を頻繁に行うのは止めた方が良いと言いたいのが実情です。もしも頻繁に自己処理をするのであれば、理想的で正しい脱毛方法は脱毛サロンや医療脱毛で脱毛する事となります。

<うなじの産毛をきれいに処理しなければならないイベントがある場合>

うなじの産毛は頻繁に自己処理するくらいなら剃らない方がリスクを少なくできるのですが、普段は自己処理をしないにしても結婚式や成人式などの特別な時には抜かりなく身だしなみを整えたいと思う人も多いです。

このような場合は当日にきれいに見えるように整えれば後は放置ですが、こういった一時的なうなじのムダ毛処理に関しては美容院などで剃ってもらう事も可能です。ただし、どこの美容院でも行っているわけではなく、理容師の資格を持っている美容師でなければ出来ません。

割と大きな美容院よりも、こじんまりとした個人経営の所の方がシェービングが出来る場合も多いのですが、もしもそういった美容院のあてが無い場合にはホットペッパービューティーでレディースシェービングで検索すれば近所でいくつか見つかるはずです。

美容院の中には、何も言わなくてもうなじを剃ってくれる美容院もあります。また、普段剃ってくれない美容院でも、意外と聞いてみれば剃れる美容師がいるかもしれませんので一度行きつけの所で聞いてみても良いかもしれません。

自分が結婚式を挙げる際には、結婚式場と提携している所でブライダルエステなどを受ける際に、シェービングなども一緒に行ってくれるサービスを実施している所もあるようです。

<仕事の規定でうなじが強調される服装やヘアスタイルが必須の場合>

仕事の規定でうなじが強調される服装やヘアスタイルが強制される事は珍しい事ではありません。そんな仕事に就いていて、これからもずっとその仕事を続けていくのであれば、通う回数が最小限で済む医療レーザー脱毛で脱毛し、うなじをきれいに仕上げてもらうのがおすすめです。

医療レーザー脱毛では部位ごとなどで様々なコースがありますが、美容外科の中には全員コースにうなじが入っていない事もあるので注意が必要です。

うなじは他の部位に比べるとレーザー脱毛の効果を感じ始めるまでに少々回数を必要とするため、完璧にきれいにしようと思ったら少々長くなるかもしれません。

しかし医療レーザー脱毛を数回受けると大抵の人は満足度が高くなっていくと言われています。施術を受けるごとにどんどん毛量が減っていくため、今まで気になっていたうなじの毛が目立たなくなり、しばらく通うと最終的に永久脱毛が完了するのです。

うなじに視線が集まりやすいような服装や髪形をしなければならない仕事をしていて、頻繁にうなじの処理をしている人や、うなじを常にきれいに見せたい人、うなじの産毛が気になる人は、いっその事医療レーザー脱毛で永久脱毛する事を考えても良いと思われます。

<普段の生活でアップヘアやうなじが目立つファッションをする場合>

普段の生活でアップヘアや背中が空いている服のようにうなじが目立つファッションをしている場合は、脱毛サロンでうなじの毛の処理をしてもらうのがおすすめです。

脱毛サロンは医療脱毛に比べると通う回数は格段に多くなってしまいますが、医療脱毛よりもお金がかからない上に通い続ける事で徐々に自己処理がいらなくなってきます。

特に他の部位のムダ毛も気になるようであれば、脱毛サロンで全身脱毛のコースを利用するとうなじの処理もその中に含まれている事があります。ちょっと気になる程度だったうなじのムダ毛がすっきりと無くなる事で、意外と生え散らかってたんだなとびっくりする事もあるようです。

脱毛サロンで全身脱毛を行うと、最終的には今まで面倒だったムダ毛処理に奮闘しなくても良くなりますので、その分別の部分に磨きをかける時間を作る事ができます。

また、自己処理でのムダ毛処理で肌にダメージを与える可能性も減らせます。

襟足だけでなく、全身の毛も同時に脱毛していきたいと思ったら、脱毛サロンで全身脱毛をすると良いでしょう。資金に余裕があって永久脱毛をしたいのであれば医療脱毛もおすすめです。

<うなじの毛の処理についての考え方は人それぞれ>

自分のうなじがきれいにととのっている状態ではなく、首に沿って長くフサフサと生えていたり無造作に散らばって生えていたりすると、うなじの毛も処理をした方が良いのかどうか迷いますよね。

しかしうなじのムダ毛に関しては処理してもしなくてもあまりドン引きされる事は無いので、処理をしたとしても割と自己満足の世界です。しかし美しいうなじは魅力的な女性に見られる事も多くあります。

実際に男性も女性のうなじが好きだとか、色気を感じると答えている人が結構多いです。

女性目線から見てもうなじがきれいな女性は素敵だなぁと思う人がたくさんいるのではないでしょうか?

うなじの毛の生え方はかなり個人差が見られますが、総じて毛深い女性はうなじとおくれ毛が一緒くたになってスッキリとして見えない事が多いです。こういった女性たちは割と脱毛サロンや医療レーザー脱毛で他の部位と共に脱毛にチャレンジしています。

うなじに関しては三面鏡を使ってカミソリよりもリスクが少ないシェーバーで処理をする人も多いです。また、脱毛クリームなどで脱毛する人もよく見られます。ですが髪の毛との境にあるムダ毛などを処理する際に失敗しやすいのが難点です。

うなじ部分は紫外線を浴びやすい部分なので自己処理して肌に傷を付けるとお肌が汚くなってしまう事もあります。首にシミや色素沈着やほくろがたくさんできたらうなじのムダ毛以上に嫌なものです。

うなじの自己処理をするのにも結構グッズを買うのにお金がかかるので、トータル的に見れば脱毛に通う方がお得になる可能性もあります。また、普段から脱毛サロンや医療脱毛に興味がある人だったり、ムダ毛が濃いから脱毛が大変!なんて人は、全身脱毛コースを利用してついでにうなじも…というのが良いと思われます。

うなじが少々気になる程度ならば自己処理しない方が無難ですし、普段は気にならなくても全身脱毛などのついでにやってもらえるならやってもらいたいと思う人は結構多いのではないでしょうか?他にムダ毛が気になる部位があったら、オマケでうなじも施術に含まれるようなコースを探してみるのが良いでしょう。