MENU

埋もれ毛ってホント処理に困る!原因や対処方法と治し方は?

<埋もれ毛ってどう対処したらいいの?埋もれ毛の処理と対処方法>

自分でムダ毛処理を行っていると埋もれ毛が出来てしまう事があります。埋もれ毛は特に毛抜きや家庭用脱毛機などを使用している人に起こりがちなトラブルで、別名埋没毛とも呼ばれています。上記の処理方法ではなくカミソリで剃ったりする事でも埋没します。

埋もれ毛が出来てしまうと見た目的にも非常に汚いので気になりますし、中にはほじって抜こうとしてしまう人もいます。ですが正しい対処方法で処理しないと、埋もれ毛どころかお肌に大ダメージを与えてしまう事もあるので注意が必要です。

毛が太くて量が多い剛毛の女性は、ムダ毛の自己処理によって埋没毛になってしまうリスクも多く持ち合わせています。自分でムダ毛処理をしているうちに、徐々に埋没毛が増えていってしまい、お肌もどんどん汚くなっていってしまう可能性があるのです。また、炎症を起こす事も度々見られるようになるかもしれません。

自己処理で埋もれ毛が出来てしまう場合は、埋もれ毛になる原因と予防方法についてしっかりとおさえておく必要があります。時すでに遅く、たくさんの埋もれ毛が出来てしまっている人は埋もれ毛の治し方が知りたいと思いますので、悪化しないようにする方法と共にお伝えしていこうと思います。

<埋もれ毛(埋没毛)は何故できる?原因と予防方法も知りたい!>

埋もれ毛(埋没毛)の原因は、自分でムダ毛を処理する際に毛穴にダメージを与えた事がきっかけで起こります。毛穴にダメージを与えてしまうと、それを修復しようとする体にとって当たり前の機能が働きますが、毛穴にダメージが与えられた後に炎症を起こしてしまうと、しばらくして毛穴部分にかさぶたが出来てしまいます。

要は毛穴がかさぶたでフタをされた状態になってしまうわけですが、こんな状態でも着々と毛穴の中の毛は再び再生を始めています。ダメージが与えられてからかさぶたができ、それが取れてもとの状態に戻ってから生え始めるのであれば問題は無いかもしれませんが、残念ながらそううまくいかない事も多いのです。

毛穴の出口にできたかさぶたのせいで外に出る事が出来ないまま成長してしまったムダ毛はそのまま肌の中で再生されていきますが、この際に毛穴の中で曲がったまま外に出なくなってしまったり、かさぶたが取れた後の皮膚がふさがってしまったりすると埋もれ毛(埋没毛)の完成となってしまいます。

こうなるとムダ毛の処理についてあまり知識が無い人は、埋もれ毛の処理に非常に困ってしまう事になります。このような事にならないようにあらかじめ予防するためには、あまり毛穴にダメージを与えるような自己処理をしない事と、処理後に必ず保湿を行う事が大切です。

ムダ毛処理を自分でしている人にとって処理後のケアは非常に大事ですが、きちんと保湿を行ったとしてもなお、埋もれ毛(埋没毛)が生じてしまう可能性があるのが実際のところです。

埋もれ毛の原因と予防方法について抑えておいた方が良い事として挙げられるのが、

・毛抜きで変な方向に毛を引っ張ると毛穴が痛みやすい

・カミソリで剃る際に肌に傷を付けてしまうと埋もれ毛(埋没毛)の原因になる

・家庭用脱毛機の持つスペックや扱い方が悪いと埋もれ毛の原因になることがある

・埋もれ毛の究極の予防法は毛穴や肌にダメージを与える自己処理を行わない事

・ムダ毛を自己処理した後は保湿をしっかり行う

…このようなものがあります。

<埋もれ毛が出来て超気になる!抜きたいけど抜かない方が良い?>

埋もれ毛がたくさんできてしまうとお肌が汚く見えてしまうのでかなり気になってしまうものです。ちょっとぽつんとできただけでも嫌だという女性も多い事でしょう。

しかしこの埋もれ毛(埋没毛)、どう処理したら良いのでしょうか?何とかして埋没している毛を抜いてしまいたいけど、抜かない方が良いのかもしれませんよね?

ネット上などで情報収集してみると、ピンセットやカッターで無理矢理埋没毛を解消しているといった手法が当たり前のように語られている事があります。ですがピンセットで埋もれ毛を解消させるのですらダメージが大きそうなのに、カッターなんてもってのほかです。(やる人は少ないと思いますが)

埋もれ毛ができてしまったら気になるのは当然の事ですが、更なるダメージで痕が残ってしまったり、決定的なトラブルで悪化させてしまわないためにもしばらくはムダ毛処理を中止し、毛が自然に出てくるまで待つのがおすすめです。

その間出来る事としては、ダメージを受けたお肌のケアが最優先となります。入浴時にはお肌にダメージを与えないようにやさしく洗って清潔を保ち、入浴後の保湿もしっかりと行います。

こうする事で埋もれ毛が自然に出てくる事もあるのでこれでまずはしばらく様子を見てみるようにしましょう。

<埋没毛を悪化させにくい解消方法>

埋没毛は自然に出てくるまで待つ方が良いですが、皮膚の修復具合によっては毛穴がふさがってしまったようになり、一向に出てこない事があります。また、服で隠せない場所のムダ毛が埋没している場合には一刻も早く埋没毛を解消させたいと思う女性も多いです。

どうしても埋没毛を解消したい場合は、せめて埋没毛を悪化させにくい方法で処理するようにしましょう。

埋没毛を自己処理で解消する場合はピンセットなどでつまみ出す人もいるかと思われます。ピンセットの扱いによってはお肌に痕を残してしまったり、皮膚の状態が悪化してしまう事もあるので細心の注意を払った方が良いでしょう。

また、埋没毛を解消させようと処理する際の注意点として、

・毛穴が開いて肌がやわらかい状態となっている入浴後に行うか、電子レンジでチンした蒸しタオルで温めてから行う

・使用する毛抜きやピンセットはきちんと消毒してから使う

・無理をしすぎない

・無茶をしないでゆっくりと引っ張り出していく

・処理後はきちんと保湿を行う

…などなど、上記のようなことが挙げられます。どうしても埋没毛を自分で処理するしかない場合は上記のような事を参考にしてみてください。

<埋もれ毛(埋没毛)を効果的に治す方法はあるのか>

埋もれ毛(埋没毛)が出来てしまったら、自分でどうにか解消しようとする人は結構多いです。ですが無理矢理治すのではなく、肌のコンディションを出来るだけ良好に保ったまま効果的に治す方法が使えるのであればそれが一番ですよね。ピンセットでほじくり出すのは下記の方法を試してからでも遅くは無いと思います。

上の方でも書きましたが、毛穴とその周辺の肌を痛めずに埋もれ毛を解消させたいと思っているのであれば、ムダ毛処理を中止して自然に埋もれ毛の先端が出てくるのを待つ方が良いですが、それだけではあまり効果的ではなく、効率が悪すぎます。また、一向に出て来なくて困っている人も存在します。

埋もれ毛ができた際の対処方法で推奨されている方法では、角質落としなどのスクラブウォッシュで埋もれ毛周辺を激しくこすらずに洗った後、肌を柔らかくする効果がある保湿剤でケアするというものがあります。

この埋没毛のケア方法は、多くの女性が簡単に埋もれ毛を解消させる事が出来たという事で話題になっている方法です。スクラブにも色々な種類がありますので、ネットで「ボディスクラブ」で検索して自分に合ったものを探しつつ色々試してみると良いでしょう。

<埋もれ毛の究極の予防方法は脱毛サロンや医療脱毛>

当サイトではお肌にダメージを与えてしまうリスクが高い自己処理よりも、脱毛サロンや医療脱毛をおすすめしています。結局それが最終的には一番面倒臭くなく、お肌へのダメージも蓄積されず、肌トラブルにもなりにくいからです。

また、脱毛サロンや医療レーザー脱毛に成功した人達のその後は満足度が高く、やって良かったと言っている人も多いです。中にはもっと早くやっておけば良かったと言っている人もいたりします。

個人のお財布事情や考え方は人それぞれですし、中には自己処理や何らかの理由でムダ毛部位のお肌が黒ずみや色素沈着で汚くなってしまい、すでにコンプレックスとなってとても人に見せられない!という状態のお肌になっているので脱毛に通う事すら出来ない人もいるかと思われます。

このような場合は美容外科で脱毛がてら相談すると、解決策が見つかるかもしれませんね。

埋もれ毛(埋没毛)は自己処理によって発生してしまう類のものですから、医療脱毛での永久脱毛や、脱毛サロンでプロに脱毛してもらう事で自己処理がいらなくなれば必然的に埋もれ毛も出来なくなります。

<脱毛サロンで埋もれ毛は解消できる?>

ミュゼプラチナムやエステの脱毛サロンは医療行為にあたる分野の施術をする事は出来ません。そして、埋もれ毛を解消させる事は難しいとされています。

脱毛サロンで脱毛のプロに相談してみても、ボディスクラブで洗った後に保湿ケアを続けるのが効果的だし現実的…という答えが返ってくる事もあるほどです。

その一方では実際に脱毛サロンに通った多くの女性が、埋もれ毛を解消・改善する事が出来たと言っています。

これに関しては施術回数が増えてくると徐々にムダ毛の自己処理が少なくなっていきますので、その結果新たな埋没毛が発生するのを予防する事につながり、ターンオーバーで皮膚が正常な状態に戻っていくうちに埋没毛も自然と解消されていったのではないかと推測されます。

<美容外科での医療レーザー脱毛は埋もれ毛対策になる?>

永久脱毛が可能な医療レーザー脱毛は、脱毛サロンよりも出力を強くして施術が出来る医療分野での脱毛となるため、すでにできてしまった埋もれ毛対策としては非常に理想的です。

レーザーは皮膚を通過する特性がありますが、効果が強力な医療レーザー脱毛なら埋もれ毛にもしっかりアプローチする事ができ、その結果体内で埋もれた毛も徐々に自然と出てくると言われています。

医療レーザー脱毛も一回の施術で完全に脱毛する事は出来ません。何度か通って施術が終わった頃にはムダ毛のないお肌を手に入れ、永久脱毛が完了するというのが一般的です。施術回数は施術を受ける人の体質・毛質で若干の違いがありますが、回を重ねるごとにどんどん効果を感じ始めるという特徴は同じです。

埋もれ毛は外に出ているムダ毛に比べると無くなるまでに時間がかかってしまいますが、医療レーザー脱毛ならばかなりの確率で埋没した毛の解消が期待できます。また、医療行為も行える美容外科ならば、埋没毛が残ってしまった場合でも医師に相談してみると、それを解消させるための方法を提示してくたりします。

美容外科などでは脱毛だけでなく様々なコンプレックスやトラブルを抱えた人達がやってくるので、経験豊富な医師ならば何かしらの手段で力になってくれるはずです。ムダ毛も気になるけど埋没毛がとにかくすごい…という悩みがあるのであれば、脱毛サロンよりも医療レーザー脱毛で永久脱毛をする方が解決に向かいやすい傾向にあるようです。

<【最後に】埋もれ毛の原因・予防・治し方のおさらい>

上記では埋もれ毛の原因・予防・治し方、対処方法など、様々な事について解説してきました。随分と長くなってしまったので、この項目では埋もれ毛に関してのおさらいが出来るように要点をまとめてみたいと思います。

これから埋もれ毛で悩まされないためにも、埋もれ毛に関しての知識をしっかりと身に着けておくようにしましょう。

<埋もれ毛(埋没毛)の原因まとめ>

・毛抜きで無理やり引っ張ったり毛の流れと同じ方向に引っ張らずに抜いている

・カミソリで剃るとお肌は必ずダメージを受けるが毛穴がダメージを受ける事がある

・毛を抜くタイプの家庭用脱毛機で毛穴にダメージが与えられた

・ムダ毛の自己処理で毛穴が傷付き炎症を起こしてかさぶたになり、毛穴がふさがった

<埋もれ毛(埋没毛)の予防方法まとめ>

・肌が傷つくムダ毛処理や、毛を抜くタイプのムダ毛処理を極力避ける

・ムダ毛処理をした後は保湿ケアをきちんと行う

・ムダ毛処理する際は毛穴が開き、皮膚が柔らかい入浴後に行うか、蒸しタオルで温めた後に行う

<悪化を防止する方法まとめ>

・埋没毛ができてしまったらムダ毛の自己処理をしばらくやめて様子を見る

・ピンセットで埋もれ毛を抜く時には消毒してから行う

・埋もれ毛の処理は手荒に行わないようにし、お肌を傷付けないように気を付ける

・埋没毛を取り出したら保湿ケアを忘れない

<埋もれ毛(埋没毛)の治し方>

・ボディスクラブで洗った後に肌を柔らかくする保湿剤を使う(軟膏やクリームなど色々なものがある)

・施術回数を重ねるごとにムダ毛処理をしなくて良くなっていく脱毛サロンに通い、新たに埋もれ毛が出ないようにする

・埋もれ毛の治し方の最終手段はやっぱり美容外科などのクリニックでの医療脱毛

・医療レーザー脱毛なら埋没毛を治して根本的な原因であるムダ毛まで永久脱毛できる