MENU

ムダ毛処理後にかゆみやチクチクやブツブツが出来ないようにする方法

<ムダ毛処理したら赤いブツブツが出た!微妙にチクチクする…対策は?>

ムダ毛処理をした後は何ともない事も多いですが、ちょっとしくじるとすぐ赤みや赤いブツブツが出来たり、なんだかチクチクしたりすることがあります。このような場合の対策には一体どんなものがあるのでしょうか?

基本的にカミソリや毛抜きなどでの自己処理は、ムダ毛処理後にトラブルを起こしやすい脱毛方法になります。

ムダ毛処理後に肌トラブルを起こしやすい人の特徴としては、お肌が弱い女性はもとより、正しい方法でムダ毛処理を行わずに自己流で適当に行っている人や、カミソリや毛抜きなどの扱い方が下手な人などが挙げられます。

また、毛深い人は処理の際に何度もカミソリで剃らなければきれいにならない事も多いため、肌を傷付けてしまう可能性も高くなりますし、毛抜きで抜けば本数が多いので炎症を起こしがちです。

このような事がきっかけで赤いブツブツになったり、チクチクして痒い症状を引き起こしてしまうのです。

今回はムダ毛処理後の赤いブツブツやかゆみやチクチクなどの肌トラブルを予防・改善する方法や、そもそもの原因について解説していこうと思います。

<ムダ毛処理後のチクチクと赤いブツブツができる原因とは?>

ムダ毛処理後にお肌がチクチクしたり、なんだかひりひりと痛んで赤くなったり、赤いブツブツができてしまう原因は何なのでしょうか?

普段ムダ毛処理後にこのような事で悩んでいる人も、原因をおさえておけば予防や対処が出来ますよね?

ここはぜひともチクチクや赤いブツブツの原因を突き止めておきたいところです。

<ムダ毛処理後にチクチクする原因>

ムダ毛処理の際にカミソリなどの刃物を使った場合、処理後にチクチクする原因になる事があります。更に毛が剛毛な人がカミソリで処理をすると、普通の毛質の人よりもチクチクが生じる可能性が高くなります。

カミソリで剃ると毛穴の外に出ている毛は剃り落とす事が出来ますが、毛穴の中にある毛まで剃り落とす事は出来ません。カミソリでのムダ毛処理は毛穴を境に毛を削ぎ落すため、どうしても残った毛に断面が出来てしまいます。太い毛の断面はいつも水平に断たれるとは限らず、剃り方次第では斜めになったりする事もあります。

このような毛の断面は手で触ってみるとチクチクするのがよくわかります。毛のチクチク条件が整った後に衣服などを身に付けると、衣服と擦れ合ってチクチク度が増したり痒みが発生したりします。

また、デリケートゾーンやわきの毛などは、剃った断面が自分のお肌に挟まれた状態になる事もめずらしくありません。わきの場合はわきを閉じた際に皮膚にチクチクと刺さり、更に汗をかいたりする事で痒みなどの肌トラブルに発展しやすくなります。

<チクチクの予防方法>

ムダ毛処理後のチクチクはお肌にかゆみと見た目の汚さをもたらします。そのため、出来ればこれが生じる前に原因を封じてチクチクを予防する事が大事です。

ハサミやカミソリでの処理はチクチクのもとになりますので、度々チクチクを引き起こしてしまう場合はこの方法での処理を行わない事が予防になります。また、熱で処理するヒートカッターは毛先を丸くする事が出来るのでムダ毛処理後のチクチクを軽減できます。

ヒートカッターを持っていない人も多いと思いますが、このような場合は除毛クリームを使うと毛先が尖らないのでチクチクを防ぐ事が可能です。また、しっかりまんべんなくケチらずに塗る事でカミソリよりも深く毛を除毛する事が出来ます。

チクチクしがちな上にかゆみが出て肌荒れを引き起こす事も多いわき毛ゾーンなどは、除毛クリームやカミソリ意外での方法で処理した方が良いケースもあります。

<赤いブツブツの原因は何?>

赤いブツブツはカミソリ負けをした時や、カミソリ負けした後に更に蒸れた事による炎症、もしくは毛抜きでダメージを受けた毛穴が炎症を起こした際に現れます。

肉眼ではムダ毛処理後に何の傷も付いていないように見えても、実は細かい傷やお肌へのダメージは毎回ムダ毛処理の度に起きています。これはカミソリや毛抜きで処理する以上は避けようがない事とも言えます。

そして、ムダ毛処理後に何のケアもしていなかったり、ケアしていても運が悪いとばい菌が傷口から侵入して炎症を起こしてしまう事があるのです。

また、毛抜きで処理をすると毛穴が広がってしまう事があるのですが、これが赤いブツブツと化す事があります。

カミソリ負けの場合は赤いブツブツになるだけでなく、剃った直後は目視できなくても、後から皮膚が削られた赤い小さな斑点のようなものが現れる事もあります。

<赤いブツブツを予防するには?>

赤いブツブツを予防するには、そもそもカミソリでの処理や毛抜きでの処理を行わない事です。しかしそんな予防方法は当たり前じゃん!となりますよね。

それに他のムダ毛処理方法を探すのも面倒な人がいるかもしれません。

赤いブツブツを予防しつつ今までのムダ毛処理を行う場合は、カミソリや毛抜きでやってはいけない処理方法をしっかりと把握し、正しい処理方法を学ぶ事でカミソリ負けや毛抜きでの炎症を予防する事が大切です。

毛抜きは毛の流れと反対の方向に引っ張らない事や、長い毛の場合は抜く前に短くカットする、できるだけ毛穴に近い部分をつまんで抜くといった事が大切ですし、毛抜きにしてもカミソリにしてもムダ毛処理をした後の保湿ケアなどをしっかり行わないとすぐに肌トラブルになってしまいます。

カミソリの場合もカミソリ負け防止機能付きのカミソリを使用したり、カミソリの刃はいつも切れ味が良いものを使用するといった事が大切です。

また、ムダ毛処理専用のシェービングフォームを使用する事も重要です。カミソリも毛抜きもお肌にダメージを与えてしまう脱毛方法になりますので、この方法で自己処理をする際は細心の注意を払った方が良いでしょう。

何気なく石鹸を付けて剃り、そのまま何のケアもしていない人は大抵肌トラブルに見舞われた経験がある事が多いです。

<カミソリ負けで炎症や痒みを起こさないムダ毛処理方法について>

上記で書いたように、ムダ毛処理後にチクチクしたり赤いブツブツが出来たりするのは、カミソリや毛抜きでの処理方法に原因があります。

大抵の人は普段自己流でなにげなくカミソリでのムダ毛処理を行っていますが、その方法がお肌や毛穴にとって好ましくない方法だと炎症やカミソリ負けを起こして赤みやかゆみが出てしまう事が多いですし、行く行くはダメージが蓄積されて色素沈着を引き起こしてしまう可能性も高くなります。

<チクチク・炎症・痒みを出さないムダ毛処理のコツ>

■ムダ毛処理の準備をきちんと行う

ムダ毛処理は気が向いた時に手軽に出来る分準備を怠りがちです。ムダ毛の部位によっては長い毛を短くカットするなどの事前処理をした方がお肌に与えるダメージを軽減できますし、石鹸やボディソープではなく専用のシェービングジェルを使った方がカミソリ負けしにくくなります。

ムダ毛処理の準備としては、

・専用のシェービングジェルを用意する
・入浴や蒸しタオルで毛穴を開き、毛を柔らかくする
・長いムダ毛は短くカットしておく
・カミソリは切れ味が良いか確かめてから使う

…このような事が挙げられます。

このコツを抑えて準備をしておけば、炎症やチクチク、かゆみなどを引き起こすリスクを軽減する事が出来ます。

<ムダ毛処理は毛の流れに注目!>

ムダ毛処理でカミソリや毛抜きを使う際には、毛の流れに沿って処理をする事が大切です。カミソリの場合は色々な角度から剃らないときれいにならない事もありますが、毛抜きの場合は毛が流れている方向にひっぱって抜くようにし、毛の流れとは逆の方向に引っ張ったりすることが無いようにします。

カミソリにしても毛抜きにしても、無理やり処理したりせずに丁寧に処理を行うようにしましょう。カミソリだと広範囲を一気に剃る事ができるため軽快に刃を動かしてしまいがちですが、力加減とカミソリの刃の角度に気を付けていないとすぐにカミソリ負けしてしまいます。また、毛抜きの場合も一気に抜いた方が痛みが少ないからと勢いを付けて抜くと、毛穴を痛めてしまう事があるので無茶は禁物です。

これらの事に注意しておかないと、赤みやブツブツやかゆみの原因になってしまいます。

ムダ毛処理で出来るだけお肌と毛穴にダメージを与えないためには、

・毛の流れに沿って処理する
・カミソリの場合は同じ所何度も剃らないようにする
・剃り残しが発生したらできるだけ少ない手数で剃る
・強く引っ張ったり勢いを付けて抜かない
・力を入れてカミソリを使わない
・肌の表面を削ぎ落しそうな角度でカミソリを使わない

…このような事が大切です。

毛抜きは毛を勢いよく抜いたり、強く引っ張ってしまうと皮膚にブツブツが出来る「チキン肌」になってしまいます。これもまたムダ毛処理の際の悩みの種の一つとして多くの女性が経験しているものです。

毛抜きで間違った処理をしていると皮膚のブツブツが慢性化してしまう事があるので注意が必要です。カミソリに関しても、カミソリ負けによるかゆみや傷のせいで色素沈着ができてしまう事があるので油断は出来ません。

<ムダ毛処理後の保湿ケアは処理している時以上に大事!>

ムダ毛処理の際はムダ毛の処理をする事に意識が捉われがちですが、実はムダ毛処理による肌トラブルに関しては、ムダ毛の処理中以上に処理後のケアが大事だと言われています。もちろん処理前〜処理後まで逐一気を抜かないのが一番ですが、ムダ毛処理の準備から始まり、肌トラブルを起こさないムダ毛処理と進んで、最後のストッパーのような役割を果たすのがムダ毛処理後の保湿ケアです。

ここまでしてもなカミソリ負けや赤いブツブツ、かゆみなどが出てしまう場合には市販薬に頼ったり別の方法での脱毛を行うしかありませんが、ムダ毛処理後に保湿ケアをしっかり行うとかなりリスクを軽減する事が出来ます。

ただし、ワキやビキニラインなどの湿度が高い部分に関しては、ベタベタするようなボディクリームを塗って保湿しすぎると、逆にかゆみを引き起こしてしまう事があるので要注意です。

保湿するクリームやローションは部位によってお肌に合うものを探して使い分けるようにしましょう。また、それぞれの肌質に合った保湿をしっかりと行うのがベストです。

乾燥肌の人はローションや乳液を使った方が良いケースもあります。顔と違って体は皮膚の保湿がしっかり出来ているかどうかや、保湿クリームなどが合っているかどうかが分かりづらい事があるのでしっかりとアンテナを張っておきましょう。

また、一度塗ったら満足するのではなく、ムダ毛処理後はしばらく毎日ケアしたり、なんかお肌が乾燥しているかも?と思ったら塗り直す事も大事です。

<ムダ毛処理後に塗りたい!人気の保湿クリームやローション>

ムダ毛処理後には保湿ケアをしっかりすることが大事であるという事はわかりましたが、それではどんなものを塗れば良いのでしょうか?

ムダ毛部位は色々な場所がありますし、毛深い女性の場合は色々な場所を脱毛するので、広範囲を保湿する事も多くあります。そのためあまり高い保湿クリームやローションは無理…っていう人も多いと思われます。

でも安心してください!

保湿力と値段は関係ありません。

大切な事なのでもう一度書きますw

※保湿力と値段は関係ないのです!

あなたにも経験は無いでしょうか?

高額な保湿化粧水と美容液のセットを使ってみたら、普段使っている安物よりもお肌の調子が振るわなかったという事が…。

保湿ケア系の基礎化粧品やボディクリームなどは、値段が高ければ高い程保湿効果もアップするわけではなく、大事なのは自分のお肌にほどよく保湿出来る事なのです。

1000円以下の化粧水でも数千円する化粧水より保湿効果が高い事はよくあるケースで、保湿成分に着目して色々試していくうちに、自分の肌に合ったものがみつかる事もよくあります。

今回はムダ毛ケアの後の保湿に便利なボディクリームやローションの中から世の中の女性たちに人気のものを挙げてみますが、もしも試してみて自分のお肌には合わなそうだと感じたら、自分に合うものを探してみてくださいね。

ちなみにワキやビキニラインはローションや乳液などの方が良いと思われます。

<ムダ毛処理後の保湿クリームやローションでおすすめは?>

■ニベアクリーム

ニベア(NIVEA)クリームは知らない人がほとんどいないのではないかという位知名度が高い保湿クリームです。大抵の薬局やドラッグストア、大手ショッピングセンターなどに置いてあり、手に入りやすく価格も安いのが特徴です。

保湿力もバッチリなので、化粧水の後に乳液代わりに使っている人も多いですし、某お笑い芸人も長年そのケアでお肌を維持していると話題になっていました。

缶に入ったタイプの他にも乳液状のようなボトルタイプも販売されています。色々な部位にたっぷり使える上にコスパも良いので女性たちから割と人気があります。使用感も悪くありません。

■ジョンソン&ジョンソン ボディケア ラスティングモイスチャースキンケア

ジョンソン&ジョンソンのボディローションは、ボディバター系よりもかなり伸びが良い上に香りも色々な種類があるので、お気に入りの香りに包まれてリラックスタイムを楽しみたい人にもおすすめできます。

いくつか集めて気分によって香りを変えてみたり、色々楽しい使い方が出来るのがこのボディローションの面白いところです。

■パイナップル豆乳ローション

ネットで超大人気で、長らく大手通販ショッピングサイトの上位に陣取っている超ロングセラーの保湿ローションがパイナップル豆乳ローションになります。パイナップル豆乳ローションがこんなに爆発的に売れ続け、しかも根強いリピーターまで生み出しているのはある理由があります。

それが抑毛効果です。ムダ毛処理後意外にも使えるローションで、毎日使っていると抑毛効果を発揮し、毛が生えてくるスピードを遅くしたり、生えてくる毛を細くしたりする効果が期待出来ます。

ムダ毛処理の頻度をおさえつつ毎日保湿する事で、ムダ毛処理によるお肌へのダメージも軽減につなげていく事が可能になります。

■Dr.Takahama ネオ豆乳ローション

Dr.+苗字は超胡散臭いイメージですが、Dr.Takahama ネオ豆乳ローションは実際に使用した人達のリピート率がとても高く、数年間愛用している人が続出しているローションになります。効果が高い本物を求める女性たちの間で密かに話題を呼んでいるのがネオ豆乳ローションです。

<赤いポツポツやムダ毛処理後のチクチクを出さないおすすめの方法>

赤いポツポツやムダ毛処理後のチクチクはほんとに嫌なものですよね。上の方ではこれらの困った症状を引き起こさないために心がけたい事やいくつかのコツについて挙げていきましたが、自己処理に関してはどんなに気を付けていても徐々にお肌が汚くなっていってしまうのを予防する事は出来ません。

また、こういった皮膚へのダメージを繰り返す事で老化が顕著になり始めた年代からコンプレックスが増えてくる可能性も高くなります。数年後を見越したムダ毛処理やケアが大事と言えます。

それでは、ムダ毛の自己処理のリスクがわかったところでここまでのおさらいをしておきましょう。

<赤いブツブツやチクチクしたかゆみを出さないためには>

・カミソリなどの刃物でムダ毛処理するとチクチクの原因に
・ムダ毛が太く濃いほどチクチクを感じる可能性は高まる
・チクチクを予防するなら除毛クリームやヒートカッター
・カミソリ負けすると赤いブツブツの原因になる
・毛抜きで勢いよく抜くと炎症とブツブツが起きやすい
・赤いブツブツを予防するにはカミソリ負けの防止と毛抜きで無理に抜かない事
・ムダ毛処理は準備をしっかり行ってからやる
・ムダ毛処理は毛の流れに沿って行う事が基本
・ムダ毛処理をした後は部位に合った保湿ケアを行う
・自分のお肌に合った保湿ケア商品を探し続ける姿勢が大事
・パイナップル豆乳ローションやネオ豆乳ローションのようにネットで長年売れ続けてリピーターが高く、ある程度効果が望めそうなものを使ってみる
・わきやビキニラインなどは保湿効果が高すぎる物を使用すると逆にかゆくなるかも
・いずれは脱毛サロンや医療脱毛を視野に入れる
・ムダ毛処理の頻度をなるべくおさえる事に尽力する

ちょっと一度に覚えるには量が多いですが、できる事から一つずつ、出来ればまずは赤いブツブツやかゆみやチクチクが起きる原因から潰していくようにすると良いでしょう。

カミソリや毛抜きのほか、自己処理ではお肌を痛めてしまったり、頻繁に処理をしなければならなかったりするため、行く行くは医療レーザー脱毛での永久脱毛や脱毛サロンで自己処理がいらなくなるようにしたいものです。

<医療脱毛や脱毛サロンでのムダ毛処理ってそんなにおすすめなの?>

このサイトでも色々なページでおすすめしている医療脱毛や脱毛サロンでの脱毛は何故そんなにおすすめなのでしょうか?ムダ毛部位の中には自分の目も手も届きやすく、ムダ毛処理しやすい部位がいくつかあります。

それでも世の中の女性たちがこぞって脱毛サロンや医療脱毛に通うのは、やはり自己処理でお肌が汚くなるのを防ぎたいからであったり、ただ単に「面倒臭い」からだったりします。

医療脱毛は永久脱毛が出来ますので一生ムダ毛処理とは無縁になる事ができますし、脱毛サロンも医療脱毛のように永久脱毛ではないですが、施術が終わってから何年もムダ毛処理をしなくて済んだという人が多いです。

基本的には一生ムダ毛処理したくなければ脱毛サロンよりも医療脱毛を選んだ方が良いと言えるでしょう。ですが技術力が年々上昇している脱毛サロンも一定の効果がある上に、医療脱毛より安く施術が出来るので多くの女性たちから人気を集めている方法です。

今まで脱毛をした事が無い人は色々と脱毛に関して不安があると思います。最近は脱毛サロンや医療脱毛には色々なコースがありますし、お得なキャンペーンも実施されています。あるコースを契約すると別の部位の脱毛も付いてくるといったものもよく見られます。

自分が利用するサロンでの効果がどれくらいあるのかが確認出来ないと不安という人も多いと思われます。まずは体の一部の部位を始めてみて、効果が実感出来たら全身コース、といった具合に自分の中で色々と組み立てて利用してみるのもおすすめです。

大手の脱毛サロンだとミュゼプラチナムがしつこい勧誘を勧めてこないので初心者には安心できます。脱毛サロンも価格競争が進んだおかげでかなりリーズナブルな値段で自己処理のいらない脱毛が可能になります。

昔に比べて随分利用しやすい価格になったせいか、OLだけでなく主婦や学生まで、幅広い年代の女性が脱毛に通う時代になってきました。はじめは敷居が高く感じたり恥ずかしく感じたりするかもしれませんが、多くの女性が日々施術を受けているのでスタッフも見慣れています。

施術を終えた人達はムダ毛の処理をしなくていいから面倒くさくなくていいし、やって本当に良かったと言っている人が非常に多いです。ムダ毛の自己処理によるお肌へのダメージの蓄積でお肌が汚くなってしまう事もなく、最終的にチクチクともブツブツともおさらばできるのです。

ただ、脱毛サロンは永久脱毛ではないので再び生えてきてしまう事もありますし、医療分野にかかるほどの強力な施術をする事はできません。絶対永久脱毛したいとか、できるだけ効果を早く感じたいといった人の場合は美容外科での医療レーザー脱毛がおすすめです。

気になるムダ毛部位を脱毛サロンや医療脱毛する事で、ちょっと気を抜いてムダ毛が生えてしまっていたといった失敗を防ぐ事が出来ますし、面倒な自己処理をしなくて済む上にお肌までキレイに保てる可能性が高まります。

ムダ毛に悩んでいる人は、脱毛サロンなどでの脱毛を検討してみると良いのではないでしょうか?主婦の人でももっと早く若いうちからやっておけば良かったと言っている人達がいっぱいいます。

女性の環境は結婚と共に激変しますので、時間が取りやすい独身時代に脱毛に通っておくと子供が出来た時にも助かるそうです。