MENU

膝の毛が濃い…ムダ毛処理してる女性たちの秘密に包まれた脱毛方法

<膝の毛が濃い女性のためのムダ毛処理方法&脱毛方法>

膝の毛が濃い女性は色々なムダ毛処理方法で脱毛を試みていますが、膝の毛はカミソリで剃れば短い毛がチクチクと出てきて見た目も微妙になる事がありますし、チクチクのせいでかゆくなる事もあります。

また、毛抜きを使ってムダ毛処理すると毛穴が目立ってしまったり、ブツブツになってしまったり、毛穴が炎症を起こして赤くポツポツになったりします。

膝の毛が濃いとムダ毛処理しないでスカートや水着になったりするのにかなり抵抗を覚える女性も多く存在しますが、そういった人達はムダ毛処理が欠かせないと考えているケースが多々あります。

自己処理での膝の毛のムダ毛処理は、

・カミソリ負け
・かゆみ
・チクチク
・ブツブツ
・赤み
・埋没毛(埋もれ毛)
・色素沈着
・黒ずみ
・赤い点々とした傷あと

…などなど、上記のような事を度々引き起こしてしまう事があります。

こんなリスクを抱えながらも、世の中の剛毛で毛深い女性たちは膝の毛やすねの毛などを一生懸命自己処理しているのです。部位的に目で状態を確認しやすく、自分で処理しやすい位置にあるのだけが救いといった感じでしょう。

ですがこれが時に自分の肌に災いをもたらす事にもつながる場合があります。気軽にムダ毛処理をしやすい部位なので、気が向いた時や暇な時に毛抜きで抜いたり剃ったりする人が非常にたくさん存在します。

このような自己流の方法で、正しいムダ毛処理方法も知らずに間違ったやり方で脱毛している人が多い事から、ムダ毛の自己処理による肌トラブルが後を絶ちません。

膝やひざ下の毛が濃い女性のためのムダ毛処理方法は、それなりに準備方法と知識とケア方法を知っておかなければ、偶然正しい方法で行っていたというミラクルが起こりにくいです。

今回は膝の毛が濃い女性のために、膝の毛のムダ毛処理方法や脱毛方法について書いていきたいと思います。

<膝の毛が濃い女性が行っているムダ毛処理方法とは?>

膝の毛やひざ下の毛が濃い女性が日々行っているムダ毛処理方法は色々ありますが、こちらではその中でも割と多くの女性が行っている膝のムダ毛処理方法について挙げていきたいと思います。

膝の毛やひざ下の毛を処理している女性が一番多く使っている方法はやはり圧倒的にカミソリと毛抜きが多く、その理由としては「いつでも好きな時に気が向いた時にできる」「なんとなく昔からコレ」「お金がかからないから」というものが大半でした。

しかしその一方でデメリットについて調査してみると、「剃った後も肌触りが悪く、毛がちょっと出てくるとチクチクする」「カミソリ負けでかゆみや赤みが出る」「冬場はひざ下が乾燥しやすくなってしまう」「毛抜きで抜いたら赤いブツブツができた」など、自分で手軽に行える分、ムダ毛処理特有の肌トラブルに見舞われている人も多く見られました。

また、自分で場当たり的にムダ毛処理を行っているため、その処理の仕上がりに満足している人や、処理方法自体に満足している人は結構少ないという結果が出ました。

<カミソリや毛抜き意外での膝&ひざ下のムダ毛処理方法>

膝やひざ下の毛が濃い女性の多くはカミソリと毛抜きで自己処理していますが、その処理に関しては上記でも書いたように満足していない人もとてもたくさんいます。

剃ったり抜いてもすぐに毛が再生されてチクチクと出てきますし、この二つの方法はお肌と毛穴にダメージを与えて肌トラブルを引き起こしがちです。

これが嫌だと考える女性や、日頃から美容面に関しての意識が高い人達が次のステップとして考える脱毛方法として、除毛クリームや家庭用脱毛機が挙げられます。除毛・脱毛クリームに関しては最近では効果が高いものも多く存在しているため、好んでこの方法を利用している人も多く見られます。

家庭用脱毛機に関しても年々高スペックの機種が出てきているので、自分に合ったものや良い機種を選べばそれなりに満足できる仕上がりになったりします。

ですがこの二つの方法に関しても再び生えてきてしまう事と、若干の肌トラブルなどのリスクは抑えようがありません。

<膝&ひざ下のムダ毛処理方法で選択する人が増えてきつつある方法>

ここ最近は膝やひざ下のムダ毛処理方法として、ミュゼプラチナムやエピレといった脱毛サロンでの膝脱毛・膝下脱毛を選択する女性が増えてきつつあります。

脱毛サロンに通った事が無い人達はしつこい勧誘と高額な料金プランというイメージを持つ人が未だに多いですが、脱毛サロンも以前より遥かに低価格化が進んでおり、大手脱毛サロンが値下げ合戦やかなり魅力的でお得なキャンペーンを打ち出している事も多くなってきました。

1回の施術にかかる値段が1回の洋服などのショッピング代よりも安い事も多く、膝下の毛が濃くて悩みを抱えている人達の利用が年々増え続けています。

過去にはキャンペーンに行った時にしつこい勧誘を断れなかった人が無理矢理契約を組まされる所といったイメージが強かった脱毛サロンですが、最近ではしつこい勧誘を行わないミュゼプラチナムのようなサロンも増えてきましたし、脱毛サロンでの脱毛が広く浸透してきているのでネットで口コミなどの情報も簡単に得られるようになってきています。

一見すると自己処理の方が安いように思えますが、一生を通してみればムダ毛の自己処理にかかる値段は脱毛サロンでの処理の方が安くなる事もあります。自己処理でも保湿クリームや除毛・脱毛・抑毛クリームやローション、ムダ毛処理専用のシェービングフォームなどを買えばそれなりにコストが蓄積されていきますし、家庭用脱毛機の場合は処理後のケア用品だけでなく、交換用カートリッジや本体代金などのお金もかかるからです。

一日100円の無駄遣いも365日で36500円、10年で36万5000円です。長い目で見ると、面倒な処理を肌を傷付けながらやり続けた挙句に出費を重ねるよりは、脱毛サロンの方が遥かにリスクが少なく出来ますしおすすめ出来ます。

<効果・効率が良い膝の毛や膝下の毛の脱毛方法>

膝の毛やひざ下の毛が濃い女性は処理にも時間がかかってしまったり、ムダ毛処理の頻度が高くなってお肌にダメージを与えてしまいがちですが、毛深い女性が行う膝の毛の処理方法で一番満足度が高いのが美容外科などのクリニックで行う医療脱毛です。

医療脱毛にも色々と種類がありますが、医療レーザー脱毛という方法で施術するのがここ最近の主流です。費用は脱毛サロンよりも高く、数万〜数十万かかりますが、その分効果も強力です。

膝の毛が毛深い上に剛毛で、毎回処理が大変だしお肌も汚くなってしまうといった人にかなり向いている方法となります。施術には何度か通いますが脱毛サロンよりも遥かに少ない回数を通うだけで済みますし、一度施術が終わってしまえば永久脱毛なので一生ムダ毛処理が必要なくなります。

医療脱毛にかかる費用は大手脱毛サロンと違ってクリニックの価格差が非常に激しいため、かならず費用やコースの内容をいくつか比較してから体験コースなどに申し込みをしましょう。

費用はどのクリニックもそこそこ高額なので、永久脱毛をしたいのであれば計画的にお金を貯めてからの方が良いかもしれませんね。費用が安いから・高いからといって効果に差があるわけではなく、医療レーザー脱毛で永久脱毛を完了した人達からは、「自己処理がいらなくなって本当に楽!」「やって良かった」「こんなに高い効果が出るとは驚きだった」など、効果の高さと満足度の高さにかなりの定評があります。

<膝下脱毛の効果の満足度と費用はそこそこ比例している>

膝の毛や膝下脱毛を行うための方法は上記で挙げたように複数存在します。それぞれの方法と費用、内容、メリットやデメリットなどを見ていくと、膝下脱毛の効果や満足度に関しては、ある程度費用と比例している部分があります。

カミソリや毛抜きは良質な除毛クリームでの脱毛よりも満足度が低く、その除毛クリームは家庭用脱毛機に比べると若干満足度が低くなります。

脱毛サロンと家庭用脱毛機の間には越えられない壁がありますが、脱毛サロンよりも効果が高い医療レーザー脱毛はコストがかかるものの得られる効果もその後の満足度もやはり一番高くなっています。

<【膝の毛のムダ毛処理方法】メリットとデメリット一覧>

こちらでは膝の毛のムダ毛処理方法のうち、よく利用されている方法のメリットとデメリットを一覧にしてみました。膝の毛のムダ毛処理の方法もそれぞれにメリットとデメリットが混在していますが、自分の中でどれくらいのデメリットまで許せるかや重視する事柄によって、処理方法も自然と決まっていくのかもしれませんね。

いずれにせよ、自分が後から後悔しないような方法で膝の毛のムダ毛処理を行っていきたいものです。いち早くデメリットを知る事によって、後から知らなかった・後悔したという事が無いようにしておくのが良いでしょう。

■カミソリのメリットとデメリット

・メリット

お金がかからない・いつでも気軽に一人で行える・広範囲を短時間で処理できる

・デメリット

剃ってもすぐに生えてくる・毛の断面のせいでチクチクする・剃りあとが黒いボツボツになって目立つ・カミソリ負けして肌にかゆみ・傷・赤みなどができる・色素沈着や黒ずみの原因になる・正しい処理方法は準備が面倒

■毛抜きのメリットとデメリット

・メリット

毛抜きを一度買えばカミソリ以上にお金がかからない・カミソリに比べて毛が伸びてくるまでのスピードが遅い・毛根から抜くので黒いボツボツになりにくい・一人で気軽に行える

・デメリット

毛穴が開いてしまう・チキン肌(ブツブツ)になる・埋没毛が発生しやすい・抜く時に痛い・毛穴にもお肌にも負担がかかる・時間がかかるし面倒くさい・毛穴が炎症を起こしやすい

■脱毛剤・除毛クリームのメリットデメリット

・メリット

広範囲を一気に除毛できる・5〜15分程度で処理が完了する・量をケチらなければきれいに除毛できる・手が届きにくかったり見づらい場所も簡単に除毛可能・肌を傷めにくい

・デメリット

お肌が弱い人には合わない事がある・間違えて除毛したくない場所に付いて失敗してしまう事がある・低品質の商品だと除毛効果が薄い事がある・特有の臭いがある・ふき取る際に擦りすぎると色素沈着の原因になる

■家庭用脱毛機のメリット・デメリット

・メリット

誰にも見られずに上記の手段よりも高クオリティの脱毛ができる・時間がある時に気が向いたら脱毛できる・わりとキレイに脱毛しやすい

・デメリット

機種の値段が高い・カートリッジを取り換える際にも費用が1万円前後発生する・脱毛器のスペックが肝なので変なものを選ぶと満足度は低い・うまく除毛できないものもある・手が届かない部分に関しては自分で処理できない事もある・埋没毛が起こりやすい機種もある・面倒くさい・結局いつかは壊れる上に型が古いと取り換えカートリッジが入手しづらくなる・何度も買い替えなどを考えると脱毛の方が安くなる

■脱毛サロンのメリット・デメリット

・メリット

利用する脱毛サロンによっては1回の施術代金が洋服やアクセサリーを買うショッピング1回よりも安い・自分の手や目が行き届かない所もスタッフがやってくれる・回を重ねるごとにどんどん自己処理がいらなくなっていく(生えてこなくなる)・自己処理による色素沈着や黒ずみ、ブツブツやかゆみなどの肌トラブルとは無縁になる

・デメリット

勧誘がしつこい個人店や昔ながらの体質の変な脱毛サロンを選ぶとストレスがたまる・数年生えてこなくなる事も多いが永久脱毛ではない・効果が現れ始めるまでに個人差が大きい・数か月に1回毛のサイクルに合わせて通う必要がある・気になる部位を全て行おうとするとそれなりに高額な費用が必要になる事もある

■医療脱毛

・メリット

高い脱毛効果・永久脱毛なので施術が終わるとムダ毛処理がいらなくなる・脱毛サロンよりも通う回数が少ない・処理がいらないので自己処理の肌の負担は無くなる・きれいに脱毛できる・クリニックによっては肌の黒ずみや色素沈着の治療などのムダ毛意外のコンプレックスについて相談できる事があるので一挙両得・初期の頃から毛が薄くなったりして効果が見られる事が多い

・デメリット

効果が出始めるまでは個人差がある・施術が終わるまで数か月に一回通う必要がある・他の気になる部位も契約すると高額になる場合もある・クリニックによって価格差が非常に大きい・効果が高い分脱毛サロンよりも施術中に痛みを感じる事がある・きちんと施術を追えないと永久脱毛にならない

<膝の毛を処理する際は『埋没毛(埋もれ毛)』にご注意を!>

膝の毛を自分で処理しているうちに、毛が埋没してしまう埋没毛(埋もれ毛)になってしまう事があります。埋没毛は文字通り、毛が皮膚の中に埋もれた状態になってしまうため皮膚が汚く見えてしまうのです。

埋没毛(埋もれ毛)になると処理しづらい上に目立つのでムダ毛が多い毛深い女性にとっては更に好ましくありませんが、埋没毛をどうにかしようと無理矢理ピンセットや毛抜きなどでほじくり出す人も現れるなど、あまり好ましい対処方法をしていない女性も結構多く見られます。

この困った埋没毛、原因と解消法は一体どんなものなのでしょうか?原因をしっかりと知っておき、埋没毛をできるだけ作らないようにムダ毛処理を行っていきましょう。

<埋没毛(埋もれ毛)はどんな事が原因で起きる?>

埋没毛(埋もれ毛)の原因はカミソリ・毛抜き・家庭用脱毛機などで自己処理をした際に、毛穴にダメージを与えてしまう事が始まりとなります。ダメージを受けた毛穴はその周辺で炎症を起こし、体はそのダメージを修復しようとかさぶたを作っていきます。

しかしこの際にかさぶたによって毛穴がふさがれてしまうと、毛根から再び再生された毛は出口を失ってしまいます。結果的に体内で埋没したまま毛は成長を続け、これを外から見てみると非常に汚く見えてしまい、気になってしまうのです。

カミソリは目に見えない細かい傷によってお肌にダメージを与えることがよくありますし、毛抜きも毛を引っ張って抜く際に毛穴が広がったり、毛穴にダメージを受けてしまう事があります。家庭用脱毛機も機種によってはこのような事が起こりますので、この方法でムダ毛処理を続けるのであれば埋没毛をできるだけ予防するコツを身に付けなければならないでしょう。

<埋没毛(埋もれ毛)を予防するには?>

埋没毛を予防するには、カミソリ・毛抜き・抜くタイプの家庭用脱毛機を使わないのが一番の予防方法になります。しかしその他の脱毛手段と言えば気軽に行えないものも多いですし、人それぞれの事情もあるので一概にダメとも言えません。

そのため、どうしても現在の埋没毛のリスクがあるムダ毛処理を行う必要がある場合には、ムダ毛処理後にしっかりと保湿クリームやローションなどで保湿を行う事を徹底するようにしましょう。

また、ムダ毛を処理する際は入浴したり蒸しタオルで温めるなどして、毛穴を開いてから行うようにするのがベストです。そして無理に力を入れて剃ったり抜いたりしないようにし、必ず毛の流れに沿って毛を処理するようにし、毛の流れに逆らって剃ったり引っ張ったりしないようにしましょう。毛抜きの場合はなるべく根元をつまんでそっと引っ張ります。

このようなコツをしっかり実践すると、そこそこ埋没毛を予防する事が可能になるので覚えておきましょう。

<膝の毛の脱毛方法で理想的なのはどの方法?>

膝の毛の処理方法は他のムダ毛部位同様に色々な方法があり、今回はそれについてお伝えしてきましたが、結局膝の毛はどの脱毛方法が理想的なのか気になるところです。

膝の毛の濃さや毛の太さには個人差がありますが、女性は加齢と共にホルモンバランスが乱れたり、子宮の病気を手術したりなどで毛深さが変化する事が多々あります。

今まで膝のムダ毛があまり気にならないつるすべ素肌だったのが、ある時期を境にいきなり毛深くなってしまうといった事もあるほどです。そんな変化が訪れがちな膝の毛ですが、この部分がボーボーだとやはりスカートなどを履いた際に気になってしまう女性もたくさんいます。

女性の足は男性からもよく見られる部分ですので、この部分を抜かりなくきれいにしておきたいと思う女性も多いでしょう。この部分の毛は太い人も結構多いので、脱毛方法として理想的なのは医療レーザー脱毛での永久脱毛が良いと思われます。

膝の毛や膝下の毛は範囲が広く、自己処理だとお肌を痛めやすい部分なので脱毛のプロにやってもらった方が安心ですし面倒くさくありません。また、医療レーザー脱毛は永久脱毛なのでムダ毛処理をしなくてよくなりますし、施術中も回を重ねるごとにどんどん毛深くなくなっていきます。

「なんだ…結局医療脱毛か…。高額すぎるから自分には無理だし!」

と考える人もいるかもしれませんが、この考え方に固執しているのは非常に勿体ないです。医療脱毛も大手脱毛サロンが低価格化したのをきっかけに、徐々にかかる費用が下がり始めています。

また、クリニックによってかかる費用が数十万単位で違う事もあるため、探してみると意外と安い費用で出来るところがあるかもしれません。

<医療脱毛の費用は部位次第!永久脱毛が3400円でできる所も!>

医療クリニックでのレーザー脱毛は、ちょっと探して見ればあなたの住んでいる地域の駅周辺など、交通アクセスが良い場所にたくさんあるかもしれません。

医療脱毛の費用は部位によっても異なりますし、クリニックによっても随分な価格差があります。また、ムダ毛部位がワンセットになっていくら、という美容外科もありますので、色々と比較してみると良いでしょう。

特に東京や大阪などの大都市に住んでいる人は医療脱毛に関してはチャンスが至る所に転がっています。地方に比べてかなり沢山のクリニックがありますので、その中にはとても安い費用で施術を行っている美容外科なども存在します。

ワキ脱毛で言えば主要都市などに店舗がある湘南美容外科クリニックが有名です。永久脱毛が出来るのに通い放題で3400円というトンデモ価格で施術を行えます。湘南美容外科は毛深いと悩む多くの女性が利用している人気の美容外科ですから、一度膝の毛や膝下の毛の脱毛などについても調べてみると良いでしょう。

今は無理でも長期的な計画を立ててお金を貯めればムダ毛とおさらばできますよ。

この他にも、しつこい勧誘をしないミュゼプラチナムは永久脱毛ではないものの非常に人気が高い脱毛サロンですし、エピレという大手脱毛サロンでは膝下脱毛に関するキャンペーンを頻繁に行っているので、興味がある人は時々キャンペーン情報をチェックしておくと良いでしょう。

脱毛サロンも医療脱毛も、自己処理によって埋没毛や黒ずみ、色素沈着やお肌のかゆみとブツブツなどが出来るといったリスクとは無縁になります。それだけでもメリットはとても大きいかと思われます。

<膝の下脱毛のまとめ>

間違ったムダ毛処理を長年続け、お肌が老化し始めた頃に後悔しないためにも最適な膝の毛の処理方法を模索して実践するのはとても大切な事です。

自己処理をする場合には保湿ケアや事前準備がとても大切なので、いくら面倒でもこの部分を怠らないように気を付ける事が重要です。

脱毛サロンや医療脱毛は度々お得なキャンペーンを行っていますが、キャンペーン情報だけを見て飛びつくのではなく、通常のコース内容や料金についても把握して検討するのがおすすめです。

最近ではしつこい勧誘が減ってきているので、無理やり全身コースを組まされたり高い美容液を買わされたりするリスクはかなり減ってきています。逆に施術が気に入って他の部位の脱毛にもチャレンジしたくなった時のために、こういった脱毛関連のサロンや病院の料金プランについてはしっかり把握しておくと賢くお得に脱毛出来ます。

なるべくリスク少なく脱毛し、きれいなムダ毛のない素肌を手に入れましょう!