MENU

Vラインのカミソリ負けはかなりキツイ!原因と対処方法は?

<Vラインは絶対カミソリ負けしたくない!痒みなどが出た際の対処法>

女性の悩みでもVライン関連に関する悩みは多くの割合を占めています。女性のVライン周辺はきれいな状態である事を理想としている男性陣も多い上に、いずれは病院や介護などを受ける際に晒す事になってしまう部分でもあるだけにVラインの悩みは切実です。

Vラインのムダ毛処理に関しても、いつも整えてきれいな状態にしておこうと一生懸命処理している女性は多いです。

ですがカミソリで処理している人の多くが、カミソリ負けによる赤みやかゆみ、赤いブツブツなどが出来てなかなか治らず大変な思いをしたという経験をしています。特にVライン周辺の皮膚は薄くて足よりもデリケートな場所な上、雑菌が入りやすかったり雑菌が増殖しがちな場所です。

間違ったムダ毛処理を続けていると、いずれはカミソリ負けによる肌トラブルの原因へとつながっていってしまうでしょう。

Vラインのカミソリ負けが他の部位に比べて嫌な理由は、なんといっても色素沈着は絶対起こしたくない上に、痒みが起きたりピリピリしたりすると他の場所に比べて我慢しがたいからです。

しかもせっかく剃った毛も少し伸びただけでチクチクして痒さを感じる事があるため、他の場所よりもカミソリでのムダ毛処理のスパンが短くなるという特徴もあります。これではただでさえデリケートな皮膚がダメージを受けているというのに、それが治り切らないうちにチクチクと不快な剛毛が伸びてきてしまうので辛さもダメージもエンドレスになってしまいます。

今回はVラインがカミソリ負けしてしまった場合に、それ以上悪化させないための対処法や、Vラインのかゆみ・赤み・ブツブツ・痛みに効く薬などを中心にお伝えしていこうかと思います。

また、正しいVラインのムダ毛処理方法やケア方法なども書いていきますので、チェックしてみてくださいね。

<Vラインはデリケート!カミソリ負けの悪化にご用心>

体のどの部位をムダ毛処理するにしても、結局カミソリ負けを起こしてしまう原因というのは共通しています。しかしムダ毛処理をしなければならない部位というのは色々な場所があり、それぞれに皮膚の厚さやカミソリなどの外部からの刺激に対する耐性は違っています。

Vラインのムダ毛処理の場合は大変デリケートかつ雑菌が入り込みやすい場所なので、カミソリ負けを悪化させてしまったり間違った処理をすると、Vラインの黒ずみの原因につながってしまうのでぜひとも細心の注意を払いたいところです。

<Vラインのカミソリ負けの原因とは?>

Vラインがカミソリ負けする原因は他のページでも書いていますが、一応こちらでも解説してきます。Vラインでカミソリ負けが起きる原因として挙げられるものの一つ目に、カミソリで剃る時に専用のジェルやシェービングフォームを使わず石鹸で済ませているという事が挙げられます。

石鹸やボディーソープを付ければ確かに何もつけずにカミソリで剃るよりも滑りも良くなって剃りやすくなります。ですが石鹸やボディソープは皮膚の油分などを取り去ってしまいますし、ボディソープには刺激の強い成分なども入っています。

ムダ毛処理専用のシェービングクリームなどはカミソリ負けしにくいように開発されているものが多いので、やはり石鹸などとはムダ毛処理後に違いが出てきます。

ドラッグストアやコンビニなどでも最近では女性専用のシェービングフォームやジェルなどが売られているので、カミソリで処理する際には専用のシェービング剤を使用するようにしてください。

そして次にカミソリ負けの原因に挙げられるのが、カミソリの切れ味が悪くなっているのにそのまま使い続ける事です。

切れ味が悪くなったカミソリは一度で目的の場所のムダ毛を剃り切る事が出来ず、何本か残ってしまったりきれいに剃る事が出来ません。そのため、見た目がきれいになるまで何度も同じところを剃ってしまう人がいます。

しかもカミソリを浴室や洗面台の水場の側にほぼ放置のような形で保存している人も多く見られます。浴室などは雑菌が繁殖しやすく、カミソリにも目には見えない皮脂などが残っているため、そこに菌が増えやすくなってしまうのです。また、カミソリの刃も短期間でサビたり劣化したりして切れ味が悪くなってしまいます。

このような状況で次にそのままカミソリを使えば、カミソリで出来た傷に雑菌が侵入して赤みやかぶれ、痒みやブツブツなどの原因になってしまう事があるのです。

カミソリは1ヶ月に1〜2回、まだ使えると思ってもケチらずに交換しましょう。

また、Vラインのカミソリ負けの原因の一つに間違った剃り方が挙げられます。毛の流れとは逆に剃る逆剃りや、色々な方向から何回もカミソリで剃ってしまうなどの行為は確実にお肌にダメージを与えてしまいます。

カミソリもカミソリ負けしないように色々な工夫がされている商品が多いですが、それでも皮膚に見えない傷を付けてしまう事には変わりがないので、何度も何度も同じところを剃ったりしているとカミソリ負けの原因になります。Vラインは特に皮膚が薄くデリケートなので気を付けなければならない場所です。

<Vラインをカミソリでムダ毛処理しない方が良い人の特徴>

Vラインをカミソリでムダ毛処理しない方が良い体質の人も存在します。怪我をした際に痕が残りやすかったり、既にカミソリ負けで黒ずみがあるような人は残念ながらVライン
をカミソリで剃ってムダ毛処理するのに適していない体質の可能性が高いです。

このような体質の人はデリケートなVラインをカミソリで剃る習慣を続けるうちに、色素沈着を起こしたりして次第に肌が汚くなっていってしまう事があるのです。

こういった人はカミソリ負けでVライン周辺の皮膚状況が悪化する前に、カミソリ以外での脱毛方法を考えなければなりません。美容外科などでレーザー脱毛して永久脱毛を狙ったり、家庭用脱毛器などでの脱毛が必要になります。

安易にカミソリで剃り続けてカミソリ負けを繰り返す事で、ビキニラインの黒ずみの中にポツポツ真っ黒なカミソリ負け痕が残って消えないといった悲劇をもたらす事もあります。

<カミソリ負けで赤みや炎症が出てしまった…悪化を防ぐ方法>

カミソリ負けで赤みや炎症が起きてしまっても、Vラインのムダ毛の再生は待ってはくれません。まだ前回のカミソリ負けで出た赤みやブツブツなどが治りもしないうちから太い毛がつんつん出てきて痒みが出る事もあります。

Vラインは下着などが擦れたりするので何かとダメージを受けやすい部分ですが、カミソリ負けになったらそれがしっかり治るまでは、再びムダ毛が生えてきて気になってもムダ毛の処理は控えるようにしましょう。

また、こういった悪循環を繰り返す場合もカミソリ以外での脱毛方法を考えていく必要があります。

カミソリ負けの悪化を防ぐには、掻かない事と治るまではカミソリで剃らない事が大切です。また、下の方でも書きますがカミソリ負けで赤みや痒みやブツブツが出たら、なるべく早めにケアするようにしてくださいね。

<掻くなといわれても痒い…痒みが治まらない時の対処法>

Vラインのカミソリ負けの痒みはひどくなると掻いたらいけない事はわかっているのに掻かずにはいられない事もあります。ですがこのようなケースで掻き毟ってしまうと、症状が悪化したり黒ずみが残ってしまう事もあるので要注意です。

痒みが治まらない時には、冷却シートや氷をタオルで巻いたもので患部を冷やしてみましょう。そして次の日も痒みがひどいようであればカミソリ負けの痒みに効く薬などを購入しに行くのがベストです。

場所が場所なだけになかなか皮膚科には行きづらいものです。掻かずに冷やす・薬を塗るなどで対処し、患部は安静にしておくのが望ましいです。

入浴などで体が温まると痛みやかゆみが起こりやすくなりますし、体を洗う際にもいつもと同じ感覚で洗ってしまうと痛みやかゆみを更に感じやすくなってしまう事があります。とにかくVラインのカミソリ負けは、安静を心がけましょう。

Vラインのカミソリ負けへの対処法をまとめると、

・掻いたり刺激したりしないで安静にする
・体を洗う時はソフトに洗って清潔を保つ
・痒い場合は氷水で冷やすなどして紛らわせる
・かゆみが長引くなら薬の使用を考える

…このような事が挙げられます。

特に痒みが出た場合に掻き毟ると痕が残りやすくなってしまいますから、とにかく掻かない事は鉄則中の鉄則です。

<Vラインのカミソリ負けで塗る薬!どんな効果がある?>

Vラインのカミソリ負けは痒みやブツブツなど症状の出方が時と場合によって違います。カミソリ負け全般に対応している塗り薬も最近では売られるようになってきていますが、カミソリ負けで一番耐え難いのが痒みです。

そんなわけで、まずはVラインのカミソリ負けのかゆみに使える薬を挙げてみます。

■フェミニーナ軟膏

小林製薬のフェミニーナ軟膏はデリケートゾーンに使える痒み止めとして今や超有名ですよね。女性のデリケートゾーンの痒みに対応している市販薬の種類は少ないですから、みごとにそのスキマ産業を狙って成功しています。

フェミニーナ軟膏はドラッグストアや通販などで900円程度で購入する事が出来ますので入手しやすい薬です。買うのが恥ずかしい方は通販で購入しましょう。

フェミニーナ軟膏は非ステロイド薬なので副作用の心配についてもステロイド入りのものよりは安心できます。ただ、痒み止めとしては比較的効果がマイルドなため、フェミニーナ軟膏で効果が無い場合はメンソレータムフレディメディカルクリームやオロナイン軟膏やケアレケアなど別の痒み止めを使用する方が良いかもしれません。

<カミソリ負けの赤みと痛みに効果ある!?オロナイン軟膏>

オロナイン軟膏はVラインの赤みや痛み、そして痒みにも対応できる市販薬です。

オロナイン軟膏は昔からのロングセラー軟膏で、多くの家庭で常備薬とされていますから、もしかしたら家の救急箱の中から見つかる可能性もあります。

オロナイン軟膏の便利な所は、体のほとんどの場所に使える事です。Vラインのカミソリ負けも外傷の一種ですが、オロナイン軟膏も外傷や痒みなどに有効なお薬です。Vラインのカミソリ負けの部分に塗って効果があったという声も多数あります。

コスパも良くカミソリ負け意外の用途でも使えるので便利ですね。

<赤み・かゆみ・ブツブツが出た時に効果があったと噂される薬>

■ケアレケア

カミソリ負けで現れる代表的な症状は赤み・かゆみ・ブツブツですが、どれも気になる症状ばかりです。効果が高い痒み止めというとムヒが頭にポンと浮かぶ人も多いのではないでしょうか?

ムヒは池田模範堂で製造されていますが、優れた痒み止めノウハウを持つこのメーカーからムダ毛処理後のケアに効く薬が出されています。それがケアレケアです。

ケアレケアはカミソリ負けで出てしまった赤みやブツブツやかゆみなどを抑えてくれる効果があり、皮膚組織の修復もサポートしてくれる作用を持ちます。

カミソリ負けの後につらい症状が出てしまったら一度は試していただきたい薬です。何よりカミソリ負けに特化している薬はレアなので、その効果に期待したいところですよね。

<カミソリ負けを後から薬で対処するより予防を!>

上記ではカミソリ負けしてしまったお肌に塗る薬などを紹介してみましたが、カミソリ負けは後から薬などを塗って対処するよりも、はじめから起こさないに越した事はありません。

ムダ毛を自己処理している女性のほとんどは、よほど肌が健康で丈夫でないかぎり肌トラブルになった経験があるそうです。

カミソリ負けを起こしてもムダ毛処理をカミソリで続けていると、徐々にお肌も汚く衰えてくるようになってしまいます。Vライン周辺の肌は出来るだけ汚くしたくないと思う人が多いですし、汚くなれば婦人科などの診察に行く際や温泉、水着を着る場所に行く時などに躊躇するようになってしまう事もあります。

カミソリ負けしないようにあらかじめ予防する事で悪化させないようにしていくのがベストです。

<カミソリ負けしない方法!Vラインのムダ毛処理>

Vラインのムダ毛処理をする際にカミソリを使うと、どうしてもカミソリ負けと隣り合わせになってしまいます。100%カミソリ負けしない方法は存在しませんが、カミソリ負けになるリスクを最大限小さくするムダ毛処理方法はあります。

間違ったムダ毛処理方法をやめ、正しい方法で処理しないと、Vラインのような皮膚が薄くてデリケートな部分は簡単にカミソリ負けします。カミソリ負けを予防しつつVラインのムダ毛処理をするためには、正しいムダ毛処理方法をマスターするのが一番の近道です。

ただ、しくじってカミソリ負けしてしまった時のために自分に効果があった常備薬やケアの用意をしておく事も大事です。

<Vラインのムダ毛処理は準備を万全にするのがコツ>

Vラインのムダ毛処理は準備を万全に整えてから行いましょう。カミソリはT字で、できるだけカミソリ負け防止機能付きのものを用意します。カミソリの刃が古いとカミソリ負けの原因になってしまいますので、Vラインを剃る時は必ず刃を替えるのが理想です。

また、もしもカミソリ負けしてしまった時のためにケアレケアなどを常備薬としておきmしょう。

ムダ毛処理の際は適当に石鹸を使ったりせず、ムダ毛処理専用のジェルやシェービングフォームを用意します。また、剃った後に保湿するための保湿ジェルやボディクリームを用意しておきましょう。

<Vラインのムダ毛処理手順はこの方法!>

カミソリで行うVラインのムダ毛処理にトラブルは付き物です。色素沈着・赤いブツブツと痒み・埋没毛と、至るところに落とし穴だらけ!これをできるだけ予防してお肌へのダメージを最小限にするためには、Vラインの正しいムダ毛処理手順を着実にこなしていくしかありません。

…というわけで、以下の手順をしっかりとマスターするようにしてみてください。

@ムダ毛処理の前に湯船にゆったりと浸かり、処理予定の毛を柔らかくさせる。

A浴槽から出たらムダ毛処理開始です。長いムダ毛をはさみでカットして短くします。同じところを何度も剃らないようにするために割と大切なポイントです。

Bシェービングフォームを処理する部分にしっかり塗りこむ

CVライン周辺の皮膚はたるみが出やすい場所です。剃る場所の皮膚をしっかりと押さえ、毛の流れに沿ってカミソリで剃っていきましょう。毛の流れと逆に剃らないように注意。

Dきれいに剃れているか確認。もし剃り残しがあったらシェービングフォームを塗り直してからできるだけ回数少なく剃りましょう。カミソリ負けはカミソリの角度にも気を付けなければなりません。

E冷たい水のシャワーでシェービングフォームとムダ毛を洗い流します。冷たい水は毛穴をひきしめるのに効果的です。

F体を拭くバスタオルは清潔なものを使用しましょう。擦らないように拭きます。

Gお風呂から出て体を拭いたらなるべく早く一刻でも早く保湿ジェルやボディクリームで処理した部分を保湿します。お風呂上りはのんびりしていると体の水分が失われてお肌がすぐに乾燥してしまいます。

Hしばらくしてお肌にピリピリ感が出てきたら再び保湿クリームを塗り、様子を見てみます。必要に応じて薬も早めに塗るようにしてください。

<Vラインのムダ毛処理のポイント>

Vラインのムダ毛処理のポイントはなんといっても剃り方と剃った後の保湿です。

カミソリの剃り方で大切なのは力加減とカミソリの刃の角度です。カミソリ負け防止機能が付いたT字カミソリなら、肌の上を軽く滑らせるだけでうまく剃る事が可能です。刃に角度を付けて剃ってしまうとカミソリ負けしやすくなってしまいます。

また、剃る前に長い毛をあらかじめハサミでカットしておけば、何度もカミソリで同じ所を剃らなくて済むので肌へのダメージも最小限にできます。

片方の手で肌のたるみをのばして毛の流れに沿ってゆっくりカミソリで剃る事でカミソリ負けを防ぐ可能性をアップできますが、一度ではとても剃り切れない剛毛な人の場合は、フォームを塗り直してから少ない回数で色々な角度から剃り直すしかありません。

なかなかきれいにならないからとカミソリで剃る際に力を入れるのはやめておきましょう。

<正しい方法を心がけているのにカミソリ負けを繰り返す時は?>

皮膚が弱い人や正しい手順でVラインのムダ毛処理をしているのにカミソリ負けを繰り返してしまう場合には、カミソリで処理するのに向いていない体質である可能性が非常に高いです。

このような人がずっとカミソリ負けに耐えつつムダ毛処理を続けてしまうと、いずれはビキニラインが黒ずんでしまい、新たな悩みの種となってしまう事があります。

この場合は医療脱毛などでVラインの永久脱毛などを行った方が後々のためです。脱毛なら医療脱毛意外にも、わき脱毛とセットで行える激安のサロンなどがありますので色々な所を比較・検討してみると良いでしょう。

ビキニラインがあまりに黒ずんでしまってからだと、普通のレーザー脱毛が行えない事があり、別の方法で脱毛するしかなくなってしまう事がありますので、カミソリ負けで肌のトラブルがひどくならないうちに決断するのがおすすめです。

実際医療脱毛や脱毛サロンで脱毛した人達は効果と結果に満足している人も多く、昔のような少々うさんくさいイメージとは違い、この業界も随分と雰囲気が変わりつつあります。ただ、後悔しないようにしっかりと口コミの良いサロンや美容外科を選ぶのが良いでしょう。

<肌のみずみずしさを保つ!何はともあれ保湿はとても大事>

正しいVラインのムダ毛処理方法を実践してもなおカミソリ負けを繰り返す場合は、肌が弱い事と剛毛などの条件が重なってしまっている事がありますが、このようなタイプの人は生えている毛を細くしたり、抑毛する効果が期待できるとされているローションなどを使うのもおすすめです。

また、お肌が弱い人がVラインの保湿をすると、今度はカミソリ負けだけでなくあせもが出来たりと別のトラブルの原因につながってしまう事もあり、なかなかムダ毛処理ときれいなお肌を両立させるのが難しい体質の人もいます。

自分の肌の様子を観察しつつ、適度な保湿が必要なので、自分にちょうど良い保湿方法となるように加減するなどして様子を見ていきましょう。

<ムダ毛処理のケアにおすすめな保湿ローションについて>

ムダ毛処理後のケアにおすすめだと言われている保湿ローションには、抑毛効果が期待出来たり色素沈着を防ぐ効果が期待できるものがおすすめです。薬事法に引っかかるのではっきりと抑毛効果がある!などと表記する事が出来ないのが現在の日本ですが、口コミで広まっている保湿ローションなどもかなりの数に上ります。

<大人気のパイナップル豆乳ローション>

Vラインのムダ毛処理後のケアに大人気のパイナップル豆乳ローションは、保湿や美肌効果に優れているとネット上でも口コミが広まっています。

ローションだけでは保湿がこころもとない人はローションを付けた上で更に保湿クリームなどを塗りましょう。逆に保湿クリームを塗っただけでVラインがかぶれたりあせもが出来てしまうような人はローションを適度に塗って様子を見るのが良いでしょう。

パイナップル豆乳ローションは使い続けるとムダ毛処理が楽になるという噂もあります。超気になりますね。

<Vラインの痒みや赤いブツブツに悩まされたくない!究極の方法>

カミソリ負けのせいでVラインの痒みや赤いブツブツが度々出来ると、そのたびにケア用品を購入したりなんなりで長い目で見ると結構お金がかかりますし、何よりケアやムダ毛処理自体が面倒だと感じる人も多いです。

いつまでもVラインの痒みや赤いブツブツに悩まされたくない場合、究極の方法としては美容外科での医療レーザー脱毛や脱毛エステがおすすめです。

医療レーザー脱毛は皮膚の黒ずみがひどい場合は施術出来ない事があるようですが、こちらは通う回数も少ない上に永久脱毛も可能なようです。

また、ミュゼなどの有名どころの脱毛サロンで脱毛するのも良いでしょう。大手脱毛サロンは最新技術での脱毛が可能になっている所も多いので効果も高いですし、永久脱毛ではないと言われていますがムダ毛が生えてこなくなったという人も時々見かけます。

現に管理人の妹も医療脱毛ではなく脱毛サロンで脱毛して数年経ちますが、未だに毛が生えてこないままだそうです。永久脱毛を狙うなら医療レーザー脱毛ですが、エステなどでの脱毛もそれなりに効果が高いようです。

何より家庭用脱毛器を数台購入したり、カートリッジを替えるために何度も購入したりするよりは長い目で見ると安く済むと言えます。また、カミソリでムダ毛処理するためにケア用品や薬を購入したり、カミソリの切れ味をいつも良い状態に保とうと替えていれば、それも何十年という長い目で見た時に脱毛サロンの料金を上回る事もあります。

脱毛サロンでの脱毛は、通うごとに目に見えて毛が薄くなっていくのでモチベーションも高くなりますし、安い脱毛サロンやお得なキャンペーンを行っている脱毛サロンを利用して脱毛すれば、カミソリ負けによりお肌のダメージを蓄積させたり、嫌な肌トラブルとは無縁のキレイなお肌を手に入れる事が出来ます。

なによりカミソリと違って頻繁に処理しなくて済む上に、カミソリで処理した際に目立ってしまう毛の断面、ジョリ毛も気にしなくて良いのが素晴らしいです。

<Vラインのカミソリ負けについてのまとめ>

いかがでしたか?最後は脱毛サロンのステマ記事っぽくなってしまいましたが、Vラインのカミソリ負けは体を洗う際などにもピリピリ染みたりしがちで、カミソリ負けすると非常に嫌なものです。

それに加えてビキニラインの黒ずみや赤みやブツブツなどの困った症状や肌の変化が現れるのですから、リスクは計り知れません。

それがキレイに治るのであればまだ良いですが、カミソリ負けが慢性化したり色素沈着してしまえば自信の持てるボディからは程遠くなってしまいます。

もしもVラインの自己処理とカミソリ負けに辟易しているようであれば、カミソリ負けの原因を潰してカミソリ負けしにくい状況を作る事も大切ですが、脱毛サロンや美容外科で良い所やお得なキャンペーンをやっている所が無いかなどを探して情報収集してみる事をおすすめします。意外と安く他の部位と一緒に脱毛できるかもしれません。