MENU

顔のうぶ毛が毛深い!顔のカミソリ負けに良い薬や対処方法は無い?

<顔のカミソリ負けは絶対に予防したい!症状が出た際の対処法は?>

女性が毛深いというのはどうしても魅力を語る上でマイナスポイントになりがちです。毛深い人がいつでもツルツルすべすべのお肌をキープするためには顔のうぶ毛処理などのムダ毛処理が必須となります。

顔のうぶ毛が濃い人は鼻の下にひげのように見えるうぶ毛が生えて来たり、眉毛と眉毛がつながってしまう人もいますが、顔のカミソリ負けをしたくないからといって処理をしなければ大幅な魅力ダウンの上に男性から引かれてしまう事までありますよね。

顔の皮膚はビキニライン同様に皮膚が大変デリケートです。また、服に隠されている部分とは違い、日光のもとでは紫外線を直に浴びる場所でもあります。カミソリ負けをして傷になった所に紫外線を浴びてしまうとシミなどの原因につながる事がありますが、カミソリ負けした直後は刺激の強い日焼け止めなどを塗る事はなかなか出来ないし、ファンデーションなどを塗る事も躊躇してしまいます。

顔は女性が一番こだわる場所でもありますから、顔のカミソリ負けを予防する方法と、もしも剃刀負けしてしまった際にすぐ出来る対処法や常備薬として置いておきたい薬などを挙げていこうと思います。

<顔のカミソリ負けの原因!これはNG!>

顔のカミソリ負けを度々起こしている人は、カミソリ負けの原因をもとから断つようにしないといつまでたってもカミソリ負けを繰り返してしまいます。当然その度に顔の皮膚もダメージを受けるという事になりますので、まずはこれを何とかしなければなりません。

顔のカミソリ負けの原因になりうる事柄をまとめてみましたので一度チェックしてみてください。

<顔のカミソリ負けの原因>

@顔を剃る際に何もつけない・もしくは洗顔フォームや石鹸を使い、ムダ毛処理専用のシェービングクリームを使っていない

Aカミソリを風呂場などの水場に保管(放置)している

Bカミソリの刃は本当に切れ味が悪くなるまで同じものを使い続けている

C顔を蒸しタオルで温めたりお風呂で湯船に浸かって温めたりせずにそのまま剃っている

D同じところを何度も剃る

E顔のたるみがちな部分を手で押さえながら剃っていない

F毛の流れと逆方向に剃っている

Gムダ毛処理後の保湿を怠っている

<カミソリ負けの原因でよくやりがちな失敗>

上記ではカミソリ負けの原因についていくつか挙げてみましたが、上記の中でもカミソリの刃の交換については割と多くの人がやりがちな失敗です。

使い捨てのカミソリや刃を交換するタイプのカミソリなどがありますが、カミソリの刃はいつも切れ味の良さを保っておかなければなりません。月に1回〜2回は交換するようにしましょう。

剃刀負けはカミソリを使う事で目に見える傷や目に見えない細かい傷をお肌に付けてしまいます。目に見えないような傷はカミソリを使う以上どうしても避ける事は不可能です。

そしてしっかりとムダ毛処理後のケアを行わないと、傷に雑菌が入り込んで炎症を起こしてしまう事があり、これが赤みやかゆみの原因につながる事もあります。

カミソリ負けの原因はきちんと頭に入れておき、顔のカミソリ負けを引き起こしにくい顔剃りを行っていくようにしましょう。

<女性の顔はデリケート!顔剃りの赤みや痒みを抑える方法>

顔のムダ毛処理をした後にいつも赤くなってしまう人や、ピリピリとした痛みやかゆみが出てしまう際には、これを抑える方法を知っていないと辛い症状に悩まされてしまいます。

顔剃りの赤みや痒みを抑える方法にはどんなものがあるのでしょうか?

<顔のムダ毛処理をした後にカミソリ負けした事に気付いたら…>

顔のムダ毛処理をした後にカミソリ負けしていると、肌が乾燥し始めた頃からピリピリしたり痒みが出てくる事があります。このような時にはいくつかのすぐできる対処法がありますので、まずはそれを試してその場を凌ぎましょう。

@冷たい水で顔を洗って毛穴を引き締める。

A次に顔の水分を清潔なタオルでやさしくふき取った後に、低刺激の化粧水を付けてから乳液や保湿クリームで保湿する。化粧水が刺激があるタイプのものの場合は化粧水は付けずに乳液や保湿クリームで保湿しましょう。

Bカミソリ負けした所は掻いたり触れたりしないように安静にしてしばらく様子を見る

…このような手順で対処してみましょう。

顔がヒリヒリしているのは見た目ではあまりわからなくてもカミソリ負けしている事の証ですので、この時点でしっかりケアできるかできないかでその後に現れる症状が左右される事もあります。

状態にもよりますが、うまくケア出来れば悪化させずにいつの間にか治りかけている事も多々ありますので、放置したりせずにしっかりケアしましょう。

<結構ひどいカミソリ負けをしてしまった!症状が続いた時の対処法>

上記のように、カミソリで顔剃りした後の保湿ケアなどでは対処できない位のカミソリ負けをしてしまったら、治るまでにしばらく時間を要します。

顔はすぐにうぶ毛が再生してしまうので気になってしまうものですが、カミソリ負けの症状がしっかり治るまでは新たにムダ毛処理をしないようにしましょう。また、化粧に関しても控えた方が良いでしょう。

顔のカミソリ負けを起こしてしまったら、なるべく紫外線を浴びないように気を付けるのが望ましいですが、日焼け止めも刺激が強いものが多いので避けなければなりません。防止やその他のグッズで日焼け対策を行います。

仕事などでどうしても化粧が欠かせない場合は、肌への刺激が少ない余計なものが入っていない自然派の化粧品を常備しておくのがおすすめです。

また、顔のカミソリ負けが長期化すると非常に不便なため、出来るだけ早く症状を緩和させて完治に向かわせなければなりません。ムダ毛処理後のケア専用の薬などの市販薬を塗って早めにケアする事をおすすめします。カミソリ負けに効く薬はそんなに高価ではない上に、ドラッグストアやショッピングセンターの薬局などで手に入りやすいものばかりなので利用してみるようにしましょう。

ただし、顔の炎症を抑えようとニキビ専用薬やステロイドが入った軟膏を塗るのは止めるようにしてください。ステロイドは思っている以上に恐ろしい悪影響を及ぼしますので、安易に使うのはやめてください。

<顔のカミソリ負けに効果がある薬は何?>

顔のカミソリ負けに効果がある薬としてネット上で人気なのはオロナイン軟膏です。オロナイン軟膏最強とまで言っている女性もいるほど愛用者が多く、オロナイン軟膏自体その効果のせいなのか長年のロングセラー軟膏です。

コスパ面から見ても非常に良好で、オロナイン軟膏は容量がいくつかありますが、一番小さいサイズだと300円程度、そこそこ大きいサイズでも1000円以下で購入出来てしまいます。

しかもカミソリ負け意外でもにきび・ふきでもの・軽いやけど・ひび・しもやけ・あかぎれ・傷・水虫・たむし・いんきん・しらくもに効果・効能があるとされていますから、色々と活用できて常備薬として一つ家に置いておくと非常に便利です。

<顔のムダ毛処理はカミソリ負け対策が施された女性用カミソリを使う>

男性は昔から顔のヒゲを剃る習慣があるため、男性の髭剃り用のカミソリは色々なタイプのものが販売されています。その一方で女性の顔剃り用のカミソリはどうしても男性用の顔剃り用カミソリにシェアを取られてしまっていて、売り場でも幅広い選択肢とは言えない程しか見かけません。

しかし、カミソリのスペックはとても大切で、カミソリ負け防止対策が施されていたり、顔剃りに特化しているようなものを選べばそれだけカミソリ負けしにくくなる可能性も高まります。

<女性用カミソリはネットで探すと種類も豊富で安い!>

女性用カミソリは売り場が広いドラッグストアやショッピングセンターなどに行けばある程度いくつかの中から選ぶ事が出来ますが、Amazonなどの大手通販サイトでネットを活用して探すと選択肢が豊富な上に口コミも確認できます。

特にAmazonの口コミはユーザーの口コミが辛口なものや参考になるものが多く、生の声が多く見られます。結局自分に合うカミソリかどうかは使ってみないとわからない部分がありますが、カミソリを選ぶ上で大変参考になる口コミも多々あります。

また、リアル店舗で購入するよりも破格に安い事も多いです。最近ではAmazonはプライム会員や2000円以上の購入でないと送料が無料ではなくなってしまったのでそこがネックですが、保湿クリームやシェービングジェル、シェービングフォーム、カミソリ負けの際の薬などを同時にまとめ買いすれば、2000円を超えて送料無料になる上に、必要な物がまとめて家に届くので大変便利です。

しかもAmazon倉庫から発送される所で購入すればすぐに届く上に不良品の返品も簡単です。

<扱いやすくて人気の女性用カミソリ>

女性用カミソリで人気なのは「シック プレミア 敏感肌用」です。敏感肌でデリケートな肌質の人にも使える事がウリで、そこが女性から受けているポイントでもあります。

女性が顔剃りをするのに便利で効率が良いように開発されているのが特徴で、眉剃り用の小さなカミソリや、顔全体でも眉毛でも剃れるように二段階調節が可能なものもあります。

部分によって使い分けたい人には大変便利ですよね。

この他にも色々な機能的な女性用カミソリがネットで探すと見つかります。眉毛などの小回りが利いて欲しい部分に使用するのであれば、先っぽが四角くなっているのではなく尖ったタイプのカミソリを使用すると扱いやすいかと思われます。

<時代と共に女性用電動シェーバーも登場>

女性用の電動シェーバーはカミソリよりもカミソリ負けしにくく、お肌への負担も無いので、理美容業界で注目されていた時期もあります。電動シェーバーは一昔前なら男性が就かうものというイメージでしたが、近年では顔のムダ毛などを処理する女性専用のシェーバーも発売されるようになってきています。

顔のうぶ毛処理でカミソリを使うよりもはるかに肌へのダメージを軽減できるため、こちらも一定の需要があって根強い人気です。しかしやはりデメリットもあり、毛が濃く太い人は電気シェーバー次第では毛の断面が目立ったりきれいに剃れない事もあります。

自分の思い通りの電気シェーバーに当たらないと満足度が高くならないのがデメリットです。

また、カミソリ型の電気シェーバーはカミソリ負けはしにくいですが肌にダメージが出やすい形状の物もあるので要注意です。眉毛全体の長さを付属の眉毛コームのアタッチメントを付ける事で整える事も出来るため、普通のカミソリを使うよりも眉毛を整えやすいです。

<人気の女性用電動シェーバー>

女性用電動シェーバーは毎年性能がアップしたシェーバーや魅力的なシェーバーが開発・発売されているので人気が変動していきます。

ですが携帯電話で言えば最新の機種が必ずしも一番使い勝手や機能・性能が良く、壊れにくいというわけではないように、女性用電動シェーバーにも同じような事が言えます。

やはり性能が良く満足度が高い電動シェーバーはロングセラーになっている事も多いです。

今回は数ある電気シェーバーの中でも実際に使った人の生の口コミが良好で、悪い口コミが削除されたり操作されたりしていない大手コスメサイトで人気と良い評価を兼ね備えたシェーバーを一つ紹介しておきます。

<女性用電動シェーバーの決定版!?パナソニック フェリエ>

パナソニック フェリエはメイクの上からでも使え、持ち運びにも便利なスリムで使い勝手の良い女性用電動シェーバーです。

非常に人気が高いのはかゆい所に手が届くような細かい作業もスムーズに出来る点も挙げられます。I字型カミソリで電動式で、顔の気になるうぶ毛や眉毛を肌を痛めずに処理する事が出来ると評判です。

<女性の顔のカミソリ負けは保湿・カミソリの質とテクと薬で対処&予防>

上の方で女性の顔のカミソリ負けの薬や対処方法、予防方法などについて解説してきましたが、女性の顔のうぶ毛を剃るという単純な行動には、カミソリ負けのリスクが絶えず付きまとっています。

このリスクを軽減するためにはカミソリの質・処理後の保湿ケア・カミソリでの剃り方など様々な方法を駆使して予防に努めていかなければなりません。また、顔のカミソリ負けをしてしまったらすぐに薬などで対処しないと悪化してしまう原因にもなります。

カミソリよりは女性用電動シェーバーや家庭用脱毛器の方が肌への負担は少なく、カミソリ負けも起こらなかったり起こりにくくなったりしますが、どんなに優れたカミソリやシェーバーを利用しても、ムダ毛処理後には保湿ケアが大事で今後を左右する事もあります。

今回紹介した予防方法や対処法を覚えておき、いざという時に役立てていただければと思います。

<顔は女性の命!顔のムダ毛処理でおすすめの適切な方法>

顔のカミソリ負けと少しだけ関係ある話ですが、このサイトでイチオシのムダ毛処理方法は、脱毛サロンや美容外科での医療レーザー脱毛(特におすすめ)です。このどちらも事故処理のように面倒が無い上にきれいに脱毛する事が可能で、カミソリ負けによる肌へのダメージや痕、そして色素沈着などを起こしにくくなります。

脱毛サロンでも施術が終わってから何年も毛が生えてこなくなる人がいますが、剛毛女子で毛も太く、剃った後も毛穴から黒い毛の断面が見えているような人は医療レーザー脱毛で永久脱毛してしまうと毛穴も目立たずきれいに脱毛できます。

電動シェーバーやカミソリ、シェービング剤に保湿クリームと、これらを一生買い揃えて何度も肌にダメージを与えながらムダ毛を自己処理するよりは、一発レーザーでもあてて(実際は数回通いますが)脱毛する方が楽な上にキレイです。

顔のうぶ毛程度であれば、抑毛効果があるローションなどを塗ったり、特に気になる部分にだけ毛を細くする効果があるとされる抑毛クリームを塗ったりするのも良いかもしれませんね。

しかしムダ毛の気になる部分が複数箇所ある場合には脱毛サロンや医療レーザー脱毛はおすすめですよ。ムダ毛とサヨナラできます。