MENU

毛深いのが悩み!女性の毛深さは遺伝が原因なの?

<毛深いのは遺伝が関係する?女性なのに毛深い原因は何?>

女性にとって毛深いというのは一種のハンデみたいなものです。体毛は男性的なイメージの上、ムダ毛処理をせずにボーボーのままでいれば男性にも良い印象を与えません。毛深い女性はムダ毛処理も大変だし面倒ですよね。

しかしこの毛深さ、原因は一体何なのでしょうか?

毛深い女性の中にはムダ毛の一本一本がとても太く、黒々と目立つ毛質の人もいます。そして、中にはへそやお腹、背中、乳毛など、女性にはあまり生えそうにないイメージの部位にまでムダ毛が生えている人も存在します。

毛深い女性はもしかしたら遺伝なのでは?と考える事もありますが、意外と両親が毛深くないのに自分は毛深いという人も多いです。このような場合は毛深さの原因が何にあるのか「?」マークがいっぱい浮かぶ事でしょう。

今回は女性が毛深い原因や、遺伝意外で何が毛深さの原因になっているのかを解説していきます。

更に毛深い体質の女性が毛深いのを抑える方法や、根本的に治す方法は無いのかについても一緒に考えていきましょう。

<女性の毛深いのと遺伝はどれだけ関係がある?>

女性が毛深い場合、両親は毛深くなかったとしても、祖父母が毛深い体質だった場合は隔世遺伝したりします。先祖がえりなどという言葉がありますが、親の世代では遺伝されなくても、孫にはちゃっかり遺伝しちゃったりする事があるのです。(男性のハゲも同様ですね。)

また、両親どちらかが毛深い場合はそれが普通に遺伝される事もあり、女性が毛深い事の大きな要因になっているのです。毛深さの原因は遺伝だけではありませんが、毛深い遺伝子を持つ家系に生まれると、ムダ毛処理を頑張る宿命となってしまう事も多いかもしれませんね。

<毛深い理由は遺伝だけではない!?遺伝が絡まない毛深さの原因>

遺伝は毛深い原因の一つとされていますが、毛深い理由は遺伝だけではありません。遺伝よりも、その他の原因の方が大きい理由となっている事も多いのです。

毛深い原因として考えられるものとしては、

・ホルモンバランスが乱れている

・食生活や生活習慣

・ストレス

・子宮の病気で過去に手術をした

など、色々なものが挙げられます。

遺伝が大きな原因で毛深い事との見分け方としては、物心ついた時からずっと毛深く、子供の時からムダ毛が多かった場合は遺伝の可能性が高いですし、もともと体毛が濃い体質では無かったのに、いつの間にか体毛が濃くなってしまった場合や、時を経るごとにどんどん濃くなりつつあるというのであれば遺伝意外の原因であると考えられます。

毛深い人の中には、もとから毛深い遺伝子を先祖から受け継いでいて、毛深くなれるポテンシャルを持っていた人が、上記のようなことが原因で更に毛深さを増すといった事もあり得ます。

上記の中でも特に後天的に毛深い原因になるのが、子宮の病気とホルモンバランスの乱れです。ストレスや食生活はホルモンバランスと密接な関係があるので原因として挙げられているのでしょう。

子宮筋腫などで子宮を摘出手術した人などが、いきなり太くて濃いすね毛が生えるようになったというのは時々見られる現象のようです。

<毛深い事は現実と受け止めて悩まない事!ムダ毛は処理すれば良い>

女性にとって毛深いのはとても嫌な事です。ですがムダ毛が濃いからといって悩み過ぎない事が大切です。ムダ毛は難病や不治の病とは違い、自分で処理してコントロールする事が可能ですし、意外と世の中には毛深い事で大変な思いをしている人が多いです。

しかもムダ毛は多くの女性が悩んだ経験がありますから、毛深い事を友達に相談したとしても共感が得られやすいですし、全く理解されないわけではないのでまだ救いがあります。

アナタが人より毛深い場合は処理が人より大変なのがネックですが、ムダ毛は処理したり脱毛してしまえばいいのです。また、毛深い女性というのは自分が思っている以上に多いものですよ。

ただ単に、ムダ毛処理をしっかりしていたり、医療脱毛などで過去に永久脱毛をしてしまっただけで、見えない所で努力している女性もたくさんいたりします。湖で泳ぐ白鳥が水の下で一生懸命足を動かしているように、見えない所で色々な処理をしているのでしょう。

毛深い事に悩んでいる女性や、毛深い事でムダ毛処理がとても面倒だと感じている人が多いからこそ、脱毛サロンや医療脱毛がバンバン広告を打てるほど羽振りが良いのです。現在では大手脱毛サロンの中には予約がなかなかとれないほど利用者が多いそうですよ。

<遺伝ではない事が原因の毛深さを抑える方法はあるのか>

もともと遺伝で生まれつき毛深い体質の人は、自己処理で脱毛を頑張るか、一発レーザーでもあてて(厳密には何回か通いますが)脱毛してしまうしかありません。むしろその方が肌も傷付けないし、処理失敗による傷あとや色素沈着などを予防する事が出来ますし、何よりも非常に楽ちんです。

ですが遺伝ではなく、今まで薄かったのが何故か濃くなってきっという人は毛深さを抑える方法はいくつか存在しています。ホルモンバランスの乱れや普段の食生活と生活習慣に気を付けて生活する事で、多少は毛が濃くなるのを抑えることが出来る可能性があります。

日頃からストレスを感じやすい環境にいる人は、眠りにつきにくくなったり睡眠の質が落ちたりしてしまいます。そしてこれがホルモンバランスの乱れにつながるケースがあるのです。

そのため、普段から眠れないほどの過度のストレスに晒される事が無いように心がけ、そういった生活を長く続けないようにしましょう。また、バランスのとれた食生活も大事ですし、充分な睡眠をとるようにしましょう。

<ホルモンバランスを効率良く整えるにはどういう方法があるの?>

バランスのとれた食生活や適度な睡眠なんて、どこかの健康サイトをググれば大抵書かれている事です。あとは適度な運動が加わればいつもの鉄板パターンですよね。ですがそれだけこの3つは人間の健康を支える上で重要なウエイトを占めているという事になります。

ホルモンバランスを整える事を目的とする場合には、効率の良い食事やサプリメントを取り入れる方法があります。

ホルモンバランスを整える食材には、バナナ・ヨーグルト・大豆食品・海藻類・魚を食べると良いでしょう。できればどれか一つに偏らせずに、バランスよく食べる習慣を付けるのがベストです。

また、女性のホルモンバランスを整える手助けをしてくれるサプリメントや健康食品には、女性のミカタやアサヒローヤルゼリー、マカやプラセンタ100などが挙げられます。この他にもホルモンバランスを整える系サプリメントは腐るほど世の中に出回っていますので、色々試しながら自分に合うものを見つけていくのが良いでしょう。

最近のサプリメントは昔と違って割と良いものが見つかる事が多くなってきています。

<毛深い人が頻繁に摂らない方が良いとされる食べ物>

食べ物には毛深い人に良い食べ物もあれば、悪い食べ物もあります。だからといって全く食べないのは栄養の面でも良くないですから、過剰に摂取し続けなければ多分大丈夫でしょう。

上記の毛深い人に良い食べ物も、成分が凝縮されているサプリメントはともかくとして、毎日自然と食べている食事だけで目に見えて薄くする事は難しいかもしれません。

過度に心配して栄養を偏らせるよりは、ここに書かれている食材について知っておき、時々食べるにとどめておくと良いでしょう。

ホルモンの影響で毛深くなった時には、男性ホルモンの一種であるテストステロンの分泌量が増えた事が原因であると考えられています。テストステロンは食事内容によって増減しますので、テストステロンを増やす原因になる食材を過剰摂取しない事が大切です。

■テストステロンを増やしてしまう食べ物

・牡蠣
・牛肉や豚肉の赤身
・ブロッコリー
・カリフラワー
・キャベツ
・長ネギ
・にら
・にんにく
・たまねぎ

最近では肉類の赤身がブームになりつつあり、以前人気があった霜降り肉同様に好んで食べる人が多くなってきています。特に脂肪が少ないのでヘルシーだと考えている人が多く見られます。

また、牛肉や豚肉の赤身と一緒に、玉ねぎやニンニクなどのネギ類を一緒に摂ってしまうと、更にテストステロンが増えやすくなってしまうと言われていますので注意が必要です。肉と相性が良い野菜ばかりですが、組み合わせて摂るとテストステロンが増えやすくなってしまうそうです。

ですが基本的には上記の食材の事を知っておくのは大事ですが、極端に避けたりせずに3食バランス良く食べるのがベストではないかと思われます。毛深いのを抑える方法を実践するのも良いですが、それよりも毛を目立たせなくするために毛を細くして生えるスピードを遅くする効果があるとされる抑毛クリームなどを使用したりした方が楽かもしれません。

<毛深い女性こそ脱毛サロンや医療脱毛を視野に入れよう>

脱毛サロンや医療脱毛は最近では技術がかなり進歩した上に、昔よりも値段が遥かに安くなってきています。また、気になる部位別にお得なコースがあったりする事もあります。

といっても人によっては決して安いとは言い切れません。お試し0円、お試し数百円と銘打っていても、結局完全に脱毛するためには数万円以上のコースに契約したりして数回通わなければなりませんし、脱毛サロンや医療脱毛というのは毛の生えるサイクルに合わせて施術をしていくため、施術していく度に徐々に効果が実感できるものであって、一度でバッサリ毛根から毛が抜け落ちて、そのまま生えて来なくなるわけではないのです。

そのため資金的にある程度準備をしてからか、ローンを組むしかありませんが、ローンを組むと利息がもったいないので、脱毛資金を溜めて一気に払ってしまうのがおすすめです。

毛深い女性は人より毛の悩みが多くて大変だとか、体毛が薄かったら良かったのに…と思っている人も多いです。

しかし、体毛が薄かったとしてもムダ毛を100%処理しないでいられる人というのは実はほんの一握りしかいないと思って良いと思います。薄くても結局薄いなりに処理しなければならない部分があります。濃い人に比べたら気を抜いて伸ばしてしまっても目立ちにくいのでお得な体質ではありますが、そんな人達でさえ脱毛サロンで脱毛している事があるのです。

特にわき毛などは体毛が薄い人でも生えてくる人がほとんどです。女性はみんな多かれ少なかれムダ毛の処理に追われる宿命の生き物なのです。毛深いからと悩み過ぎるとコンプレックスからストレスを抱える事になってしまいます。

毛深い人はどこかの段階で医療レーザー脱毛や脱毛サロンでの脱毛を考えると良いですよ。特に美容外科での医療脱毛は永久脱毛も可能です。また、脱毛サロンでの脱毛も施術が完了してから数年間生えて来ないままという人も多く輩出しています。